りゅうりゅう、として

作者 サカモト

94

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

りゅうを倒すにはお金がかかる。追い払うのはそれより、安価で済む。だから、竜払いという仕事がある。
竜払いを生業としているヨル。彼は依頼されてあらゆる場所にいる竜を払う。原っぱにいる竜、洞窟にいる竜、古城にいる竜。竜を殺さず、倒さず、払うのが彼の仕事。

すごくゆるーい文章ですが、疲れた時に読むと癒されます。異世界日常みたいな感じですかね。短編集なので、ちょこっと読みに来てはいかがでしょう!?