雑踏は死出の旅

作者 影津

50

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

憎悪でも怨嗟でもなく、ただただ客観的・蓋然的事実を無感情に上空から叩きつけてくるのが恐ろしいです。彼が言うようにいつでも隣にいるにも関わらず、その獰猛な爪を意識することがないというのが死なのかもしれません。不吉や墓場の象徴とされるカラスですが、こんなときばかりはその汚名を雪ぎたくもなるものでしょうね。