忘れられない休日出勤

作者 無月兄

176

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

休日出勤、それはやむなくあてられてしまった運命のようなもの。……なのですが、作業着を洗濯中に出勤してくれなんて言われても、というかなり悲惨なことですのに、ちょっと笑えてしまうという、そんなお話です。おい、上司出てこーい!!と言いたくなりましたよ。

みなさんはこんなことあったりします?

★★★ Excellent!!!

みなさーん、アホ小説は好きですか。
わたくしはアホ小説ばかり書いています。
レビューまでアホなことも、たまにはあります。
予定外に休日出勤させられることになった無月兄さん
断り切れずに会社へやってきて待っていたこととは。
いやー!
上司なんてイイカゲンなものです。
下半身パンツ姿にしてやればよいのです。

★★★ Excellent!!!

休日出勤なんて、余程の人じゃ無ければ勘弁してもらいたいやつです。
いまはまだ少しマシになった気がしますけど、昔は休日出勤当たり前、サービス残業当たり前でしたしね。

しかも今回作者様は、他の方のピンチヒッターとして出勤なさったわけです。こんなのもう拍手喝采で迎えてもらうべきやつですよ。

それなのに……!

もうここからはネタバレになるので、もうぜひぜひ本編を読んでいただければ!
もう絶対上司狙ってやってんだろ!って。