世界一かわいそうな、あの子へ

作者 澄田こころ

132

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ネタバレ含みます。

男は仕事に忙殺され、家族を失ってしまう。さらに不運なことに雪山での遭難に見舞われてしまい、雪山で心も身体も凍てついた男は、生き抜こうとする意欲すら失いつつあった。
朦朧とした意識の中で男は泡沫の世界を彷徨う。その世界は、誰しもが知るあの世界で・・・・・・。その世界で、凍てついたはずの男の心に暖かい炎が宿る。

幻想的な物語のなかに、確かな人の暖かみを感じられる作品です。

★★★ Excellent!!!

世界一かわいそうな、あの子。
そう、子どもから大人まで知っている〈あの子〉です。境遇に心を痛め、救いを求めた方も少なくないかもしれません。

現実とファンタジーが交わるとき、えもしれぬ切なさと感動で胸がいっぱいになります。原作の世界観を大切にしつつ、独創性の高い作品に仕上がっています。

この物語は、「赤いきつね」「緑のたぬき」幸せしみるショートストーリーコンテストに応募されている作品です。読後に噛みしめる幸せの深さはもちろん、緑のたぬきも素晴らしい味わいになっています。

どの年代の方にも読んでいただきたい名作。きっと心が洗われることでしょう。

★★★ Excellent!!!

離婚危機の男が現実逃避とばかりに雪山へ行き遭難する。
寒さでうとうときてしまい、寝るな、寝たら死ぬぞ展開に……そして。

異色のコラボが待っているのですが、構成力が抜群でぐいぐい読んでいき、最後は主人公にエールを送りたくなる。

しかし。しかしですよ。
設定は結構シュールです。だけど泣ける。文章力のなせる業でしょうね。

……わたしのレビューがギャグみたいになってしまったのがその証拠でして。

いやシリアスなんです。とってもシリアスで硬質な現代ドラマにファンタジーの味付けがあるんですよ。そばがおいしそうでリアルなんです。

なにいってんだかわからなくなりましたが、さらっと読めて心に沁みます。
おすすめの短編です。

★★★ Excellent!!!

山で遭難した『ダメな夫』の主人公の話しです。

凄く暗いんです。雰囲気が。
物語が重々しいんです。

そんな中、主人公はある体験をするのですが、そこに上手く緑のたぬきが絡んできます。

タイトルを見た時には、よくあるパターンの物語を想像したのですが、読んでみたらいい意味で裏切られました。
文学なんですよ、この作品。

作者様の底力をひしひしと感じた作品でした!

★★★ Excellent!!!

家族に囲まれ、暖かい暖房のきいた部屋で過ごすはずの大晦日。
男はなぜ雪山に登ったのか?

何故、俺はこんなところで、こんな事をしているのか?
俺が死んだら、嫁や子供は悲しんでくれるだろうか?
いや、大晦日に雪山に一人で登ったバカな男だと嗤うだろう。

ポケットには離婚届け。
リュックには、娘のために買った絵本。
今にも消えそうな意識の中で、男が見た物とは?

日本人なら誰もが知っている、悲しすぎるラストシーンで有名な、あの名作が登場します。
まさかの展開に、思わず感嘆する事間違いなし!


そして、奥さんと子供は大事にしなきゃな。