フィクションですから(笑)

作者 nikata

疑心暗鬼に陥るフィクション

  • ★★★ Excellent!!!

軽薄な口調で語られる作者の話しは終始胡散臭くもあり、ゆえに生々しさというものが生まれます。
テンションもどこか吹っ飛んでいてリレーのように与えられるお題にどんどん答えていく。
実は自分が何をさせられているかを知るとき…
フィクションと謳ってますが、その言葉も軽い。だから、リアルに寄り添う口語調による旨味が抜群の(恐怖的な)効果を作り出せているのだと思いました。
ぞっ、と顔面蒼白するような経験をさせていただいた作品です。
皆様も、すこしだけ作者の嘘に踊らされてみては如何かと?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

梅星 如雨露さんの他のおすすめレビュー 19