パパ上様日記 〜思い出は、きつねか、たぬきか〜

作者 ともはっと

112

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

パッケージを開ける。ふたを開く。お湯を注ぐ。
待つ。
これだけのことで、人は記憶をさかのぼれる。
あのダシの味。香り。あたたかさ。
共に食べた人のしぐさ。

カリッカリの小エビ天か、はたまたふんわりお揚げか。
永遠に尽きぬ、赤・緑論争は三日月のもとで懐かしい記憶につながります。

赤か緑か、緑か赤か。最終決着は、意外なポイントで――え、ここなの(笑)!?

★★★ Excellent!!!

緑のたぬきと赤いきつねをめぐっての、笑いあり感動ありのショートストーリーです。

ラストのどんでん返し(!?)にはびっくりいたしました(笑)。

ショートショートなのに、めっちゃ感情が動きました。
ちらっときつねたぬきの小ネタも挟んであって盛りだくさんです。

パパ上様のご家庭は、いつも平和で笑いに溢れて素敵ですね☆彡