君との終わりは見えなくていい

作者 蒼山皆水

115

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読み終わって、本当に秀逸なタイトルだなと感じました。
中盤、主人公が終わりが近づくのを感じている辺り、読んでいて胸が苦しくなるのですが、その時タイトルを見るだけでも苦しくなるのです。
そして主人公が終わりが迫る恐怖から解放され、読了したあと、タイトルを見るとぐっと来るものがあり、幸福感に満たされました。
読んで良かったです。素敵な物語をありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

 最初にひと言。

『完成度』

 非常に手堅く、丁寧に、ある意味やさしく整えられていて、逆にレビューするより、読む以外に他に何を書けばいい? ぐらいだと思う。

 あらすじにもある少ない主要キャラクターで、ちゃんと対立軸が展開されているのも分かり易いストーリーのファクターだろう。
 ある種、ここで伏線と答えまで用意されているのだから、細部は言わずもがな。
 冴えない主人公というのも多々あるが、陰キャ具合はまあまあ等身大で個人的には、共感と好感を覚える。

 さて。
 この作品の肝である、恋の終わりが見えるというカウント条件だが、さほど斬新なアイディアではないだろう。漫画などの媒体では良く見かける手法だと思う。

 なので、早い段階でテーマが示されているのが良い。タグからも分かるように、ハッピーエンドへのネタバレを喰らっているようなものだが、未知への期待と引き替えに、結果へと抗う過程、その道を追うことが出来よう。

 冒頭の私の文章は、この作品はストレスフリーの読みやすさで、多くの読み手に安心して入れる間口の広さを持っている、と言い換えても良い。

 繰り返す、作品の深部は、過程である。

 タイトル通り、『君との終わり~』それに、悩み、抗い、絶望して、立ち上がるストーリーにある、と思っている。
 結果、掴み取れる未来の尊さを問うているとも思う。

 核心して言えるが、この作品を評価している、そんな方々の心の声を代弁させて頂こう。

「いい」
「こういうのでいい」
「これがいい」

 得てして、語彙力は失われるものである。

 ライトな恋愛小説の、入門書ここにあり。
 多くの読み手に限らず、書き手のお手本にもなり得るクオリティ。
 最後もこのひと言で締めよう。

『完成度』