第11話

 優子が

「いくら脅かされたからって、人を殺すのに躊躇はなかった?」と聞くと典子は答えた。


「いえ、殺せば写真をネットにばらまかれずに済む、と思ったら縄を握る手にも力が入りました」


 正臣は表情を曇らせて言った。


「やれやれ、剛士さんも酷いけど、あんたも相当酷いよ。つまり他人に罪を、なすり付けようって思ったんだろ。実際、俺は最初、琢朗が犯人だと思ったよ」


 琢朗は

「いや、いいよ、それは……」と答えたが正臣は語気を強めて言った。


「いいや、よくない! 他人に罪をなすり付けようとするなんて、あんたはある意味、剛士さんより酷い!」


 典子は、うなだれて答えた。


「はい……」


 そして正臣は思い出した。典子が剛士に対応した時のことを。奈緒は、お客さんの目を見て対応するという設定だった。事実、正臣が豊島屋に入った時に典子は、目を見て挨拶をした。

 だが剛士に対応する時には、目を伏せていた。やはりリベンジポルノのような脅迫をする男の目を見ることは、出来なかったのだろう。


 正臣は、つい言ってしまった。


「ちぇっ、どうせなら剛士さんが自殺したように見せかけて、殺せばよかったんだ……。

 いや、俺も滅茶苦茶を言っているな……。でも何で今日、殺そうと思ったんだ?」

「はい、もう2人で会うのが嫌だったので、この映画の練習がチャンスだと思って……」

「そうか……」と正臣は頷いた。


 優子が何も言わずに典子を抱きしめていると、男性刑事が現れた。警察手帳を見せた刑事は

「えー、ここで殺人事件が起きたと聞いたのですが……」と言い、周りを見渡すと正臣が答えた。


「はい、殺されたのは向こうで倒れている山崎剛士、そして殺したのは……」


 典子は優子から離れ、立ち上がり言った。


「私です……」


 それを聞いた刑事は

「そうですか。詳しい話を伺いたいので、署までご同行願います」と典子の背中に右腕を回し、歩くように促した。2、3歩、歩いたところで典子は振り返り

「京三さんの誕生日に、こんなことをしてしまって、本当に申し訳ありません」と頭を下げた。


 京三は目を潤ませながら、答えた。


「うん、うん。しっかり罪を償ってくるんだよ」


   ●


 刑事と一緒にスタジオを出て行く典子の姿を見つめていると、入れ替わりに明日の本番の調整のために大道具、小道具、録音技術、助監督、撮影助手等のスタッフが入ってきた。


 正臣が琢朗に漏らした。


「あーあ、典子ちゃん、結構、可愛いかったのになあ……」


 琢朗が聞いてきた。


「まあな、でもこんなことに、なっちまうとはなあ……。っていうかこの映画どうなるんだ?

 剛士さんの役って結構重要だよな」

「ああ、主人公、由蔵の敵役の1人、右近だろ。どうすんのかな? またオーディション、すんのかな?」

「かもな。今回、俺たちみたいな脇役は、宇梶監督とキャスティング担当スタッフが簡単なオーディションで決めたけど、右近は準主役と言ってもいいからな……。

 近藤プロデューサーも入れて、ちゃんとしたオーディションをするんじゃないかな……。

 でも取りあえず女関係でトラブってない奴が、選ばれることを祈るぜ」


 正臣は琢朗の背中に抱きついて、漏らした。


「同感だな……。でもなんか、やり切れねえや。琢朗、本物の居酒屋に行ってビールでも飲まないか? 

 まさかあの剛士さんが、典子ちゃんにあんなに酷いことをしていたなんて。

 それに俺は本気で典子ちゃんに惚れていたんだよう。この撮影が終わったら、告白しようと思っていたんだよう!」

「うわ、何だ? やめろって! 気持ち悪いって!」と返したが本気ではなかった。 

 正臣は涙声だったからだ。


 だから琢朗は了解した。


「分かったって。さあ、飲みに行こうぜ」

「さすが琢朗だぜ。俺の親友だぜ。カラオケにも行こうぜ!

 あー、稲葉浩志の『CHAIN』を歌いてー!

 あ、ちょっと待った。取りあえず、豊島屋の入り口の引き戸を直してもらうように、大道具さんに頼んでくる!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

暮れ六つの絞殺~あなたにこのトリックが見破れますか?~ 久坂裕介 @cbrate

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ