期待はずれの転移魔法 ~移動距離たった1ミリだけど創意工夫で成り上がります~

作者 篠浦 知螺

6,325

2,400人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

この作者さんの小説は、使えないと言われるスキルを主人公の発想や努力で有益な物に変えていく過程がワクワクするし楽しめる。
文章力が高水準でストレスなく読めるのも○。
一方、スキルの能力を十全に発揮できるようになって主人公の立ち位置が安定期を迎えると途端に話が進まなくなり、延々と蛇足を読まされるのも他作と似た傾向。

ラノベ界隈の書籍化作品を見ると、まあある程度人気を維持して続刊を出し続けるのが最適な戦略かなとも思うので分からなくはないし、私が蛇足と感じている部分も人によってはボリュームのある肉付けと捉えるかもしれない。
しかし敢えて言わせてもらうなら、肉を「足す」だけでなく、「削ぐ」事ができるようになれば、より洗練されると思う、そんな作品。

★★★ Excellent!!!

作者の別作品「ハズレ判定から始まったチート魔術士生活」でのトラブルが無かったら、こんな感じだったのかなと思いました(主に性表現についてですが)。こちらの作品の方が人生ハードモードなので、主人公の苦悩を見るのが辛い人にはオススメしません。でも、主人公はラブラブですから安心してくださいね。そして作品がハードな分、魅力的なキャラも多く、主人公よりも好きになる推しができると思います。

★★★ Excellent!!!

前回、主人公が腹黒く政治的主張で司法取引的な交渉が出来ていればクラスメート早期開放や技術チート的な幅が広がったんではなかろうか。
物語中ではフルメリンタ国王は冴えた君主とされているが、一人の知識より集団の知恵の方がより効果的と理解出来てない程度の頭脳でしかない。
主人公の知識だけを利用するという点において矛盾があり、君主としての位置がボヤけて見えるのが残念。
実家が町工場みたいなクラスメートとか色々と実家の家業知識持ちを見て見たかった。

★★★ Excellent!!!

タイトルからは、テンプレ通りの「ゴミスキルだと馬鹿にされたが、実はチートスキルで楽勝でした!」かと思ったら、実は重厚な内容で、主人公が試行錯誤しつつ心身ともにボロボロになりながら頑張っているのが良いです。

戦闘メイドと遠慮も忖度もなく若気の至りでエロエロしまくるのも潔くて良いです。もっとやれ!

この先の展開が楽しみな作品です。