145字小説「駆け出しのAI」

作者 吟遊蜆