或る黒犬の一生 🐾

作者 上月くるを

63

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 犬に見つめられると、喜びが溢れます。
 犬に見つめられると、孤独の涙が乾きます。
 犬に見つめられると、知らぬ間に笑顔に。
 犬に見つめられると、心がギュッと…。

 見つめる瞳は、疑いを知らない澄んだ宝石。
 見つめ返す僕は、疑ってばかりの臆病者。
 
 犬の視線は、再び人を信じる強さを僕に与えてくれます。
 僕に信じる力は、蘇ったでしょうか?

 この物語を読むと、流した涙の数だけ、信じる力が、蘇ります。

 あなたも再び手に入れて見ませんか?

 幼かったあの頃。
 日の落ちる寸前まで、走り回っていたあの時。
 疑いなんて感じたこともない、純粋な心。

 この物語を読みましょう。
 ツヤツヤした毛並の黒い犬が、あなたをあの頃へ案内してくれます。

 とても素敵な物語です。