異能たる子ら

作者 鈴元

湿度高めのべったり異能男子コンビ

  • ★★★ Excellent!!!

 学校を舞台に、超常的な能力を持ったふたりの男子が、人知れず活躍する物語。

 いわゆる「異能バトルもの」的な現代ファンタジーです。
 ファンタジックで不思議な能力の、そのこだわりの設定が特徴的。
 舞台が学園、そしてキャラクターが中高生ということもあり、ティーン向けのライトノベル的な雰囲気のお話でした。

 独特なのは主人公コンビ、男の子ふたりの関係性です。
 距離感が近いというかなんというか、ベタベタいちゃつきまくる様子が印象的。仲が良いといえばそうなのですけれど、明らかにそれを超えている感じ。
 異能バトルものらしい枠組みを踏襲しながらも、独特の個性とこだわりを感じる作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

和田島イサキさんの他のおすすめレビュー 710