〜特別編〜 ポッ○ーの日

「ま〜なと!」


「おう! 朱莉あかりか」


「突然ですが、今日は何の日でしょう?」


「11月11日だから……ポ○キーの日か!」


「せーかーい!」


「今日はポッ○ーの日! ということで……

じゃーん!」


 朱莉は鞄の中からプレーン味のポッキ○を取り出す。


「普通に食べるのはつまらないし……ポ○キーゲームでもやらない?」


「あれってみんなで集まった時とかにやるんじゃないの?」


「分かってないなぁ真人まなとは。二人でやるからこそ良いんだよ!」


「理由が雑すぎる……」


「そんなことはどうでもいいじゃん! それとも何かな? 私と○ッキーゲームをやるのが恥ずかしいのかな?」


「あぁもう、うるさいなぁ! 分かった。分かったからやるよ。やればいいんだろ!」


「そうこなくっちゃ! じゃないと私が頑張った意味がなくなっちゃうし……」


「ん? 何か言ったか?」


「ななな、何でもないよ!?」


「ならいいけど」


「じゃあ、放課後に真人の家で!」


「おっけー……ってえぇぇぇ!?」


 気づいた時には朱莉は居なくなっていた。


          *


「これが真人の部屋かぁ」


「先に言っておくが、変なものは無いぞ」


「ちぇ、つまんないの」


「それで? ○ッキーゲーム、やるんだろ?」


「ほのはめにひたからね〜」


「おい、やるつってんのに何先に食ってんだよ」


「はいほううはよ。何本かあへは」


「飲み込んでから言え!」


「大丈夫だよ。何本かあれば」


 そう言いながらポッ○ーを一本咥えて、


「ほら、ヤろ?」


「お、おう」


 上目遣いで見てきた朱莉に見惚れてしまった。俺は意識を戻し、朱莉が咥えてる方とは逆側を咥える。


 スラリと高い鼻筋、少し潤んでいる澄んだ瞳がどんどん近づいてくる。あ、ポ○キーがもう無くなる。そう思った瞬間、とてつもない幸福感が俺の口を襲った。シャンプーの香りだろうか、甘い匂いが鼻腔をくすぐる。


 キス……された?


「じ、実は……真人の事が好きだった! 私と付き合って欲しい!」


 突然のことに思考が止まる。


「ダメ……かな?」


 俺はそれについては答えず、朱莉を抱きしめる。すると、朱莉が目を瞑った。それに応えるため、朱莉に顔をゆっくりと近づけていく。艶かしい唇がどんどん近づいてくる。その唇に触れようとしたところで━━━


          *


「おっはよー! ま〜なと!」


「おおおおはよぅ!」


「? 何でそんなに焦ってるの?」


「ななな何でもないぞ」


「そう。ならいいけど」


 (今朝見た変な夢のせいでまともに顔が見れない……)


 数週間、見た夢に悩まされ続ける真人なのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

これって、俺のこと好きってことでいいですか? ハンくん @Hankun_Ikirido

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ