赤眼のセンリ 零

作者 ラーさん

「これより魅せるは赤眼のセンリ、一世一代の舞い芸だ!」

  • ★★★ Excellent!!!

軽快な口調で語りかけてくる女芸人センリが、一筋縄ではいかないお客様相手に一世一代の芸を見せつける痛快なエンタメ小説です。
センリの一見お調子者に見えるけれど強かな性格や、猿の手という話タイトルの通り、願いを叶える代わりに、意図しないことも招くナニカの恐ろしくも魅力的な敵役、そして食えない手配師のサジ。
長編のスピンオフとのことですが、こちらの作品だけでも十分に楽しめました。
センリさん、すごくかっこよかったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

こむらさきさんの他のおすすめレビュー 1,436