煤まみれの騎士

作者 美浜ヨシヒコ

4,741

1,668人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

悲惨な状況から状況を仲間と共に協力しながら這い上がっていくというのが
成り上がり物の面白さです。だがこのweb連載という性質上、あまりにも悲惨な
描写が続くと読者が継続して読みづらくなるという性質があります。
だがこの作品はただ悲惨なだけではなく重厚な戦闘描写、
賢く諦めない芯のある主人公であったり、その他の人間の下劣な人間描写が
巧みになされていることにより成り上がりものとしてのカタルシスを生み出す
仕組み作りがなされています。
これから主人公の成り上がりパートが書かれていくと思うので
とても楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

展開と文章表現と構成はいいと思います。

世界観がちょっと大雑把っぽいのが玉に傷。

感情移入しちゃいますね。普段は疲れを取る、現実逃避目的での読みに入る自分でしたが、逆に読書で疲労感が募ってた所がありました。それはそれでユニークなのだと。独特で特色がある作なんだと。自分に言い聞かせつつ読み進めていきました。

読んでみて損何処か得るものがあるのでオススメです。今後の展開に期待です。

★★★ Excellent!!!

(第二部了までの感想)
いわゆる「ざまぁ系」と期待して読んだがまさか25万字近くも迫害され続けるとは驚いてしまった。

煤まみれどころか読者がストレスまみれではないかと思いながらも、読み続けてしまったのはその重厚で精密な描写に引っぱられてのことだ。アニメやドラマであったらあまりにゲス過ぎる役柄の演者に同情してしまって話が入ってこないほど人間サイドの下劣さが徹底している。小説だからこそ気にせずに入り込むことができたのはメディアの特性を上手く使っていると思った。

古くは「おしん」や「フランダースの犬」「家なき子」など数々の不当な仕打ちに耐えるドラマが日本で人気を博してきた。被虐に耐え続ける主人公へ感情移入することで悲劇の中にある麻薬的な気持ちよさを味わうという仕掛けの存在も無視はできない。途中までこの作者の書きたいことは実はそちらだったのではないかと勘ぐってしまったほどに延々と蔑まれ続ける。

現時点で第二部を終えて文庫本で言えば2冊分。ようやく剣を抜いてターニングポイントを過ぎたように感じる。この先これまで降り積もったフラストレーションを振り払うようなカタルシスにつながるのか。はたまた一時的な勝利から再び苦しい展開に追い詰められるのか。多くの読者は前者を期待してるだろうが、後者だとしてもファンタジー版の苦労ドラマとして一貫しているし面白くなりそうだ。

ただ一つ後悔があるとすれば完結してから読み始めるべきだったとも思う。
YoutubeやKindleインディーズ等と異なりまとまった収益につながらないネット小説界隈において、これは傑作になるだろうと読んでいた作品が途中放棄されてしまうケースは枚挙にいとまがない。作者さんのメッセージからは少々ナイーブなところも感じ取れるので、あまり焦らずマイペースに自分の作品をつむいでいってほしいと思うのは余計なお世話か。

ちなみに騎士の鎧… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

文章構成力、世界観が素晴らしいのは勿論だが、何よりも評価したいのは作者がブレずに書き続けていること。

感想欄でのコメントに屈することなく、貫き通したからこそ今作は間違いなく良い作品である。

インスタントな作品しか読んできていない人には胸くそ展開が長期に渡るのは辛いのかもしれないが、耐えれば分かる。
こういう長さがあったからこそ世界観が深みを増し、その他の大勢とは違う確かな作品だと。

また今作を普通の「ざまぁ」展開で読もうとしている人は考えを改めたほうが良い。
伏線や舞台装置の描写が沢山あるのに見落とす事になる。
これは、幼馴染みや妹がどうこうという話ではなく、女神や世界そのものに対して挑んでいく視点で見るべき。

流し読みではなく、一文一文をしっかりと読んでいきたくなる作品。

★★★ Excellent!!!

昨今ブームに乗っ取った同じような話しが多い中、重厚なストーリーに感激しました。単純な追放→才能目覚める→ざまぁ→もう遅いに飽きた方におススメ出来ます。

なろうで読んでましたが、更新が追いやすいカクヨムに移動してきました。
ご自身のペースで更新をお待ちしています。

★★★ Excellent!!!

物凄く面白い
主人公が最高に格好いい
ざまぁ展開までが長いっていうコメントもたまにあるけど、そのくらいのほうが物語に厚みが出ていてとても良い
強いて言うならサブタイトルが・・・
「煤まみれの騎士」だけでもいいと思う。
~以下のせいでよくある量産型の頭空っぽにして読む小説と勘違いされてしまいそう。

★★★ Excellent!!!

昨今似たような話ばかりで飽き飽きしていたのですが、この物語は私にとって新鮮味がありとても読み応えがありました!

ロルフが蔑まれてもひたむきに頑張る姿には感動し、周りの人間たちのロルフに対する扱いの醜さ、胸糞でした。
こんなに物語に没頭したのは久しぶりです
続き楽しみに待ってます!

★★★ Excellent!!!

とにかく綿密にストーリーを組んでることがよく分かりました。
色々ななろう系は読んできましたが、今アニメ化してる他の作品と遜色無い完成度に思えました。

こういう漢臭くて人情味に溢れる主人公は好物なのでもっと増えて欲しい。

名前で敬遠してる人は是非読んで欲しい。

気がついたら最新話まで読み終わってること請け合いだ。

★★★ Excellent!!!

何となくインデアンと白人との戦いを彷彿させるが、愚直に生きる主人公の生き様・考えが自分と被り共感を呼ぶ。昭和世代にはたまらない物語だ。故三船敏朗・緒形拳などが主人公で映画化されたならば大ヒットしたであろう。
主人公に男の盟友・理解者を登場させるともっと盛り上がると思う。孤高の人では可哀想だし限界もある。魔人(インデアン)側に現れるのかな。

★★★ Excellent!!!

本当に面白かったです。
作者様には最大の感謝を。
こういった傑作を無料で読めるのは素晴らしい。
久々に時間を忘れて一気読みしました。
タイトルにも書いたとおり、こういう大作に出会えるから僕達は小説を漁るのを辞められない。
何を読むのか悩んでいる方は是非読んでほしい。
真っ直ぐで、無骨で、最高にかっこいい一人の男の物語にきっと時間を忘れて読み耽るでしょう。
応援しております!

★★★ Excellent!!!

一気に第二部まで読んでしまいました。
本当に凄いよ、この小説
なかなか報われない主人公でも、自分の価値観や信念を曲げずに、ようやく報われ始めたというか、動き始めた感じでワクワクが止まりません!

文章もしっかりしていて、かなり読みやすい表現で素人というか、アマチュアのレベルじゃないよなあと謎の上から目線で感心してしまったり…

これからの展開が楽しみです!作者様応援してます!そしてこれから読む方は是非途中で投げずに読んでいって欲しい!なかなかお目にかかれないよ、ここまでのしっかりした作品。おすすめです!

★★★ Excellent!!!

ガッツリとした量の文章が読みたいなと作品を探してたところ、ふとタイトルが目に留まり閲覧。
気がつけば最新話まで読み終えてました。

今までいろいろなライトノベルを読んできましたが、こんな感動は初めてです。

サクッとざまぁしてそのまま仲間と共に歩んでいく王道の作品ではありません。
ただ、ただ主人公が諦めずに進んでいった結果、どうなるかが楽しみな作品です。

書籍化したらぜひ購入したい一冊。
楽しみに待っています。

★★★ Excellent!!!

2日前から読み始めました。

「『ざまぁ』までのタメが長ぇなぁ~」
「このまま主人公、ざまぁしないで死んだら、それはそれで伝説の小説になるなぁ~」

……なんて思っていた自分が恥ずかしい。
いや、掌を返すようで情けないけど、控えめに言って傑作だった。

似たような話はいくつもある。
魔法が支配する価値観の世の中で魔法を使えず産まれてきた主人公がどん底から這い上がる話。

ふ~~~ん?

……いやいやいや、そうじゃない。
この熱量!読めばわかる。
今すぐ!本編を読んでくれ!
くれぐれも、最新話までな!?
おいらのレビューなんぞ読んでる場合じゃねぇぞ。



※警告※
ストレスが多い世の中。
スカッと5秒でざまぁして、大金稼いで綺麗な女侍らせてワッシャッシャ(*`▽´*)したいときには絶対読むべきじゃない!
勿論それはそれでときには必要だけど。

★★★ Excellent!!!

まじで面白いです。
応援したくなったからカクヨムに登録したぐらいです。
作者様、めちゃくちゃ楽しんで読んでます!
執筆活動頑張ってください!


あと、たまに評価が低いレビューがあったので、一読者としての意見を書きます。
簡潔に言うと、読む前の人は先入観を捨てて、まず最新話まで読んでほしいです。

この小説はおそらく将来的にざまぁ系です。
人によっては主人公の報われなさ、人間側の性格の悪さにイライラするかもしれませんが、そのヘイトの下地があるからこそ、ざまぁした時の爽快感は格別だと思います。

それに、物語のシチュエーションというか、設定が個人的な性癖にぶっ刺さりました。
ネタバレになるので書きませんが、50話あたりから最新話まで性癖に刺さる要素満載だったので、続きがめちゃくちゃ気になってます。
それに情景描写が繊細で、久々にカクヨムで良質な小説を読みました。

なので小説を読んだあと、良し悪しを判断して貰えればと思います。
読む前から先入観持って読むと後悔します。
ただ、思考停止して読める手軽なざまぁ系を求めてる方には合わないと思いますので、別の小説を読んだ方が良いと思います。

★★★ Excellent!!!

レビュー採点は70話まで読んでの採点です。
途中主人公の報われなさに読むのを躊躇してしまう事もありましたが、自分に正直な芯の強さ、偶に現れる主人公を認める存在に惹かれ読み進められました。
作者様もここまで書くのに大変苦労されたと思いますが、このまま思った通りに書いてくださるお話を読みたいと思います。
作者様の思いのままに、、と思いながら、主人公の味方になりそうな人達の伏線の回収は大切にして欲しいと祈っております。

★★★ Excellent!!!

昨今のWeb作品は主人公が強くて、何でも主人公の強さで解決してしまう…そう言ったものが量産されているように感じます。
勿論そう言った作品は爽快感があって、私もよく愛読していますが、傾向的に主人公の悩みが少なく、それ故に内面に対する彫り込みが少々物足りなく感じてしまうことが多いのです。
この作品は主人公には強さがありますが、その強さが真に発揮されるまで、主人公の内面を窺い知ることができる素晴らしい作品です。
主人公が何をすべきか考え、確固たる芯に基づいて行動を起こす。
その気高さに思わず、没頭して読み込んでしまいました。
こうした作品を読ませて頂き、心から感謝いたします。

★★★ Excellent!!!

正直言って、展開は本当に胸糞悪かったです。ですが、最新話まで読んだところ得もいわれぬ感情になりました。
ファンタジー小説でここまで主人公が貶められる作品は初めてです。登場するキャラの言動にも憎たらしさが巧妙に表現されていて、その中でも主人公には芯のようなものがありそれがより際立っていたように感じました。
そして、絶妙なタイミングで入れてくる主人公以外の視点の回想回もとても面白かったです。
続きの更新、楽しみに待っています!続きが気になりすぎてやばいです!

★★★ Excellent!!!

序盤から続く重く暗いストーリーに顔を顰めながらも夢中になって読み進めました。
虐げられた主人公が成功し周りを見返す。ざまぁ ではそのカタルシスこそ読者が求めるものです。しかし本作はそう単純な感想を抱かせてはくれません。

蔑まれながらも努力し己を律する主人公。気高く真っ直ぐな言動は熱い感情と同時に痛ましさを感じさせます。そして彼の気高さを知る人間ほど歪みは避けられない。
暗い予感を感じながらも登場人物の幸せを願わずにはいられません。

まさに深い奈落を見ているようです。その先に光があるのかは、まだ分かりません。
一読すればきっとあなたも続きを待ち望むようになりますよ。

★★★ Excellent!!!

いわゆる「なろう系」では無く、完全に流行りに乗っているという感じはしない。しかしそんな事は関係なしに面白い。

主人公は不遇な扱いを受けるが、その不遇っぷりが最近のネット小説の中では群を抜いているように感じる。しかしそれを受け入れ、葛藤を抱えながらも自分の役割を全うする主人公に感情移入せざるを得ない。

これからどうなっていくのか、とても楽しみです。

★★★ Excellent!!!

ラノベというには少し重い作品です。
しかし、なろう等に氾濫している私怨をはらすだけのザマア系とは一線を画す志の高い作品だと思います。
義憤という言葉が使われなくなって久しいですが、主人公の行動原理が私怨ではなく義憤にあるところが、ザマア系とは似て異なる当作品の深層からの共感や爽快さにつながっています。
どれだけ理不尽な目にあっても堪え忍んできた主人公が魔族のために立ち上がる姿に、ひねくれた擦れっ枯らしの読者が思わず喝采の声を上げていました。
作者の筆力に敬意を表したいと思います。