親父はコロナではなく医療崩壊に殺された。それでも親父は最期に僕を三度救ってくれた。

作者 けーすけ

264

91人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この手記は作者様とご両親がコロナに感染した、事実に基づく手記です。
なぜ事実だと思えるか。
それは手記を締めくくられた「さいごに」を読めば分かると思います。
ご自身の体験なので、自分に都合の悪いことは書かなくても問題ありません。誰にも分からないことです。そうすれば作者様はコロナで父を亡くされた被害者である、それだけで済みます。
ですが作者様はあえて、ご自身の中にあった「油断」や「うぬぼれ」を赤裸々に綴られました。それが後悔となって今も作者様を苦しめている。そう感じました。
それがこの手記が「事実である」と確信した理由です。
そういう意味で「最後まで読んでください」と書かせてもらいました。
この手記がコロナ禍の「現実」として広く読まれることを願ってます。
亡くなられたお父上様のご冥福、心よりお祈り申し上げます。

★★★ Excellent!!!

身を削る思いで書かれたことに敬意を表します。
家庭内で感染者が出た際の注意事項、万が一の際の最後の対面方法についてなど、身近で重要な情報が、マスコミでは取り上げられず、実際に直面した際に、我々は無防備なままで、今の世の中にいると思います。
筆者様の実体験のお話は大変参考になりました。

★★★ Excellent!!!

まずはお父様のご冥福をお祈りいたします。
以前ツイッター上でのお話から気にはなっていましたが、このように医療崩壊の現実を目の当たりにすると、とてもではありませんが、言葉にできない悲痛な思いがします。
現在の医療における対応の遅さは危惧しますが、何より突如として家族がいなくなることは、私も考えただけで恐怖を感じます。
しかもまともな別れもできないと考えると、胸が締め付けられます。
私のような他者が言えた義理ではありませんが、せめてこの言葉を送らせてください。

今回お父様が自らの身を挺し、危険を伝えてまで救ってくださった作者様のお命。どうか天国へ旅立たれたお父様のためにも、未来のためにお使いください。それが残された者にできる、最大の供養と私は感じております。
それが厳しいことは承知の上ですが、苦しい時は身近な相談者にも頼り、「これから」を乗り切ってください。

改めまして作者様のお父様のご冥福をお祈り、作者様及びそのご家族様の今後と健康を願わせていただきます。

★★★ Excellent!!!

これは現実です。

妄想でも空想でもなければ、作り話でもない。
医者も看護師も為政者も政治家も、親も大人も、できることしかできません。
今の現状は、これまでのわたしたちの選択の積み重ねの結果です。
家族や自分たちが住む街、暮らしている国のことにどれだけ親身になって考え、少しでも良くしようと行動してきたか、行動しているか、一人ひとりの姿勢が問われています。

過ぎていく時は止められない。
起きてしまったことはやり直せない。
いまの状況で、いまの状態で、できることを最大限、この瞬間からやるしかない。
自分と向き合う誰かのため、なにかのために、自分のできることを精一杯するしかないのです。

★★★ Excellent!!!

深く心の底に突き刺さる言葉がたくさんありました。
自分は、生きる気力が無い10代です。
人間死ぬ者だと思いながら生きていてどうせ死ぬなら面白い死に方したいと、思ってました。
でもこの物語に出合い、理想の死に方を見つけました。
有り難うございます

それに死ぬ前にお父さんって呼ばれるようになりたいと、はじめて思いました。




     ご冥福をお祈りします