精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき

Ⅲ-Ⅶ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • おお、何か雰囲気が出ていますね。
    王配という言葉は自作もあって割と最近知ったのですが、やはり色んな葛藤がありそうですね。

    作者からの返信

    アクリル板W様
    ありがとうございます!固い言葉を使い慣れていないため、推敲に時間がかかってしまいます( ;∀;)

    フレデリク、行動は大迷惑なんですけど、戦争がなければ戦後処理の一環で王家に婿入りすることもなく、ボンクラ(ひどい)でも一貴族として過ごせていたかもしれない人です。弱い人ではあります。

    オスカーはそのへんわかって焚き付けているので嫌な奴ですね!

    2021年8月8日 22:48