精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき

追憶」への応援コメント

このエピソードを読む

  • はじめまして、白浜と申します。
    度々新着欄でタイトルをお見かけしていたのですが、今回ここまで読ませていただきました。
    創り込まれた世界観。
    この物語に、確かにそこで生きる人達が居るんだと思いました。
    人々の息遣い、生活の営みなど、生きる温度、熱のようなものを感じ、気が付けば魅せられていました…!
    また、読者への謎の提示の仕方もお上手だなとも思いました。
    この先に待っているであろう展開への、わくわくした感じがたまらないです!

    のんびりとこの先も読ませていただきます。
    素敵な物語をありがとうございます!

    作者からの返信

    白浜ましろ様
    コメントありがとうございます!
    「それでも生きていく」というのがこのお話のテーマですので、登場人物達の息遣いを感じると言っていただけて嬉しいです(*´ω`*)
    あまり優しい世界ではないですが、彼らの行く先を見届けに、ぜひまたいらしてくださいませ。

    2021年10月29日 21:00

  • 拙作を読んでいただきありがとうございます。さっそく読みに伺いました。モノの今後が気になりますね。これからの物語に期待して、★をつけさせていただきますね。

    作者からの返信

    まだ序盤も序盤ですが評価していただきありがとうございます!ご期待にそえるよう頑張ります!

    萩原様の作品も拝読しておりますが、読むのが遅くてちょっとずつしか進んでおらず申し訳ありません。またお邪魔させていただきますので、よろしくお願いいたします!

    2021年7月11日 10:47

  • 面白かったです。モノを連れていった連中の目的と彼女の探し物はなんでしょうかね?壮大な物語が待っている予感があります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!そして、ここまでお読みいただきありがとうございました!

    壮大…かどうかはわかりませんがモノにはまだ秘密がありますので、また読みにきてくださると嬉しいです(*´ω`*)

    2021年7月7日 05:54