ハッピースパイラル ~幸せを紡ぐ旅~

作者 餅餅餅

222

83人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

基本ハイテンションでクスッと笑えるような展開が続きますがたまにくるシリアスな展開だったり思わず感動してしまうような展開になったりするのでその、ギャップがたまらなくクセになると思います。

タイトルに幸せを紡ぐ旅とあるように、見ているこちらもほっこりしながら幸せな気分になれると思います。

優しい世界で繰り広げられるこの物語を、皆様にもぜひ読んでいただきたいと思ってます

★★★ Excellent!!!

 出だしの勢いに押されて、一度逃げ帰ってしまったのですが、縁あって、第一幕まで拝読いたしました。全体の印象は、会話劇主体のコメディですが、読み進めると、それだけじゃないのが分かってくるのが、この作品。そこ、逃げないで!!

 主人公は、なぜか周囲より落ち着いた印象の男子高校生。ヒロインは無邪気な幼女(?)です。一幕終了時点では、主人公にも不可解な点が見受けられるのですが、ヒロインのそれはもっと上です。ヒントが増えれば増えるほど、謎が増えていく仕様になっています。

 主人公たちだけでなく、周囲の人々にもそれぞれ、何かしらあるようで、キャラクターに奥行きがあります。いつかきっと、スポットライトが当てられる日を楽しみにしています。

 ストーリーや伏線もさることながら、こちらはコンテンツ、つまり、おまけも充実しています。次回予告、区切りごとの登場人物紹介、そして、挿し絵――。そんなおまけにも、随所に伏線や、ちょっとした遊び要素が隠れています。

 とことんのめり込みたい方、推理を楽しみたい方、クスッと笑えるおしゃべりを求めている方などにおすすめです。ぜひ。

★★ Very Good!!

 ある日突然、女の子(小学生)が庭の木の上から落ちてきた! 主人公の大地は、そんな唐突な出会いを果たしてしまった女の子に向かって冷たい態度を取りまくりますが、そんな中でも負けじとアタックしてゆく少女の健気な姿に惹かれました。
 また、学校内で繰り広げられる大地とヤスとの言葉の掛け合いが面白く、物語にリズムを生んでいて気軽にスイスイ読み進められます。
 けれど、ただコメディだけを詰め込んだ作品かといえばそうではなく、それぞれの登場人物が何かしら抱えている事情を臭わせる箇所も所々点在していて、一章まで読み終えた時点での心境はズバリ、「えぇ! これ、この先二人ともどうなるの⁉」でした(笑)。それだけ先が気になる作りが成されていて、読者を飽きさせない工夫が所々に光っています。
更に、作品の所々に読者の想像を掻き立たせてくれるキャラの挿絵がこれでもかというほどに詰め込まれ、作品に花を添えてくれています。なんと執筆と挿絵はご夫婦それぞれで担当なさっているということで、夫婦合作ラノベという物凄いことをしていると知り、これまた驚愕! なるほど、これが夫婦の絆の力というやつか……と思い知らされた次第です。
この先も、主人公大地君とその娘さん? お嫁さん? の関係がどうなってゆくのか、楽しみながら読ませていただきます。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

第3幕前半の最終話を拝読しました。
正直、あらすじとイラストを拝見しただけで
引き込まれる内容だと確信しました。
女の子のセリフや仕種が、悪戯っぽくて本当に可愛らしいです。
こういう魅力ある人物は、描きたくてもなかなか描けない・・・。
そして小気味良く挿入されるギャグテイストも素晴らしいです。
この後も苦難は待ち受けているのでしょうが・・・。
大地君たちには、本当に幸せになってほしいと思いました。

★★★ Excellent!!!

冷え切った心を抱えた少年と、そんな少年の前に突如として現れたミステリアス幼女。
奇怪で、理知的で、どこか艶かしくて、そして主人公の妻を名乗っている娘幼女。ビックリするほど属性てんこもりのヒロインと主人公が出会うことで、この物語は幕を開けます。
「親方、空から女の子が!(オブラートに包みまくった表現)」みたいなヒロインとの出会い方もさることながら、二転三転する主人公の日常生活には事件がつきものです。
ジェットコースターのように移ろう、彼を取り巻く環境。そのスピード感に私達読者も大いに振り回されますが、しかし、そこにはある種の爽快さがあります。読者を置いてけぼりにしないぐらいの制限速度ギリギリの速さで、この奇妙な恋物語は主人公とヒロインを中心に加速し続けるのです。
ヒロインと過去にトラウマを持つ主人公の繊細なやり取りや、キャラ間での緻密な心理描写も充分魅力的ですが、餅餅餅様の豊富な知識から繰り出されるギャグもまた秀逸で、読んでいて思わずクスリとするようなものばかりです。
文章力、ギャグセンス、ストーリー構成力。どれをとっても、一級品に違いありません。

このレビューを読んでいる方。
お暇なら、貴方もこの超スピードの恋螺旋に巻き込まれてみませんか?

p.s.
余談ですが、この作品の作者である餅餅餅様はとっても優しいお方です。コメントから良い人感が溢れ出ているので、物書き間で繋がりたいと思っている方は、何かしらの形でコメントを送ってみると良いかもです(具体的にはハピスパの応援コメントとか)。
100%の善意でコメントを返してくれそうな方ランキング、私の中ではNo.1ですので!(餅餅餅様、迷惑だったらごめんなさい!!)

★★★ Excellent!!!

 主人公の大地君はじめ、悪友のヤス君、大地君をパパと呼ぶ謎の美少女、大地君を恩人と語る小澄さん……みんながみんな、キャラクターが濃くて繰り広げられる会話にくすっと笑ってしまいます。

 私の推しは、ヤス君です。女の子に弱くて大地君にいじられていますが、いざという時は鋭くて時折きゅんとさせられています、笑。

 登場人物の関係に謎が多く、推理しながら読み進める楽しみもあります。

 皆様も是非、ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

「君の名は」という有名なアニメがありますが、あの映画のテーマを個人的に解釈しますと、「大切な人がいた事を忘れてしまっていませんか?」という問いかけに感じるのです。

平凡な、つまらない人生だと毎日を憂いている人。
結婚していても倦怠感を感じてしまっている人。
恋人がいる人も、まだ今生では運命の相手と添い遂げてない人も、既に来世に託している人も、前世や異世界で強い絆を結んだ誰かを忘れてしまっているかもしれません。

もちろん、無意識に出会う事ができて幸せを感じている人も、新しい絆を結び直している人だっているのでしょう。

でも、深く長く強く、魂に刻まれた相手とは、そう簡単に離れる事も出来ないのではないでしょうか?

本作が進む道は明確です。
誰と誰がペアか、この推理に間違いはないはずです(え、大丈夫だよね?)

さて、現時点での考察は野暮なので省略しますが、本作が内容だけではなく、絶対的強者である理由を改めて評しましょう。

絵師ガチャという言葉ご存知でしょう?
文字だけで表現する方の多くはファンアートや書籍化などを待たなければ(自作と言う手もあるが……)得られないキャラのビジュアルイメージ。

これを初期に、しかも最上級レアとして装備しております。
リアル奥様です。
随所でめっちゃ惚気ているので、誘いに負けて突っ込めば玉砕必至な、らぶらぶ夫婦。
爆ぜろ、もげろ、という言葉の使い所をたっぷりと理解する毎日です。

そして気付きます。
本作は、作者様ご夫妻の「史実」なのだろうと。
いや、あくまで創作と言い張るはずですが、アカシックレコードはちゃんと見ています。
存じ上げていないだけで、この物語は既に二人が体感してきた物語。

どちらのカップルにも共通する空気感は、誤魔化せないものです。

そんな、らぶらぶ夫婦のプライベートエリアを見続けるような本作ですが、これからも出歯亀の気… 続きを読む