無職なオレが、女勇者に懐かれたら

作者 三ツ葉

69

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

酒場で飲んだくれてる無職と、将来有望そうな勇者の少女が繰り広げるドタバタファンタジー!
熱い戦闘シーンが格好いいのは当たり前として、クスリと笑える面白い場面が至るところに! そして、オススメしたいのは無職が発する冒険者としての心構えと教訓!
格好いい無職のアドバイスを受け、少女はさらに強くなる! 熱い成長もののファンタジー!

……うん? 師匠が無職でいいのか?

★★★ Excellent!!!

彼は、元は相当腕を鳴らした冒険者だった。
彼を取り巻く栄光や成功は引きも切らず―――だったが、ある一度の失敗で何もかもを失ってしまった。
“名声”“名誉”その他諸々……

人と言うものはまことに無情で、かつてはあんなに誉めそやしてくれた周りの皆からの視線は冷たい。

だから彼は、冒険者を辞めるのと同時に、「一生懸命に頑張る事」にかけても辞めてしまった。

彼のこれからの人生は、まさしくの「悠々自適」……頑張らない事こそが唯一の生きがい―――

だった     はず     なのだが……

『運命』と言う名の悪戯は、そうはさせてくれなかった―――

果たして、現在無職男は、まだ駆け出しの新米勇者と、これからどのような『冒険』を紡げていくのだろうか。