駄菓子屋探偵

作者 ミステリー兎

182

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現実に探偵している人に聞いたら、ただの一度も殺人依頼をされた事は無いと言われました。けどその人に「もし殺人事件を依頼されたら?」と聞いたら「絶対犯人を見つけてやる」と即答されました。
現実世界でも探偵は正義感に溢れているようです。

駄菓子屋という身近な存在を探偵にした所が面白く、それが王道の探偵像を更に引き出していて魅力的なキャラに作りあがっています。

この作品を読んで推理にワクワクした方が、正義感溢れる本物の探偵へと成るのは間違い有りませんね。

★★★ Excellent!!!

非常に質が高い探偵もののサスペンス。

まず、文章がコンパクトにまとまっていて、あり得ないほどに読みやすい。
文章の一つ一つに無駄がなく、謎解きと人間ドラマを十分に描き切るだけの密度をも有している。
もし、書店の文庫本としてこの小説が並んでいたとしても、何の違和感も抱かないだろう。一話の時点でそれほどの完成度があると感じた。
タイトル、題材も内容を端的に、かつ完璧に表していて文句のつけようがない。

まずは読んでみよう。あなたも必ず駄菓子探偵の魅力に引き込まれるはずだ。

★★★ Excellent!!!

ありがとうございました。実は前にミステリー兎さんの駄菓子屋探偵を読んだ時にその親しい、近しい物に引き寄せるセンス、登場人物が個性的かつキラキラしていて、また価値観、世界観、も描きたい方向性が似ていることにひどく衝撃を受けました。だから目標にしようと思いコメントを控えていました。(私は探偵ものを描くうちにさらなる自分の色が出てきました。)自分の世界観と個性を大事にしながら描いていて、やはり伝わる作家さんに伝わるんだと自信をもてました。ありがとうございました。素晴らしい作品ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

駄菓子屋の店主が地元で起こる事件を解決していく物語。
 美咲町で駄菓子屋を営む天音純。彼にはもう一つの顔があり、町で起こる事件を解決する探偵であった。とある依頼が切っ掛けで高校生の潤羽水と共同生活を送ることになる。美咲町で起こる事件を解決していく中で、その事件の裏に隠された謎や潤羽水の両親の行方を追っていくことになるのだった。
 駄菓子屋というほのぼのとした雰囲気やキャラクターたちのテンポの良い会話があり、とても読みやすい作品となっています。事件パートではしっかり謎解きがあり、ミステリー好きの方も満足できる内容となっています。是非一度読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

兼業の探偵というのは何人か思い浮かびますが(もちろんフィクション上で)、駄菓子屋との兼業をしている探偵というのは寡聞にして知りません。面白いアイデアですね。

最初、私は「駄菓子屋探偵」とのタイトルを見た時、てっきり優しいおじいちゃんかおばあちゃんが探偵なのだろうと思っていました。しかしそれは私の勝手な思い違いでした。どうも探偵は自信家の若い男性のようです。

そんな駄菓子探偵のメンタルのテンションは上下が激しく、またそれに文体が呼応するかのようにコミカルになったりシリアスになったりしています。全体を通して筆の勢いの強い作品であり、作者であるミステリー兎さんが楽しんで執筆されている姿が目に浮かぶようでした。

今後さらにキャラクターや彼らの住む町の様子が深掘りされていき、物語に立体感が出ることを期待しています。

★★★ Excellent!!!

「この世界の空気感良いな」と思います。
駄菓子屋を知らない子供達が増えて久しくなりますが、
またあの優しい空気の中で何か食べたいなぁ・・・
って感じから練られているのにスムーズと読める事件の文脈感。

駄菓子屋時代に気持ちがタイムスリップして気持ちが温かくなりました。
応援してます!

★★★ Excellent!!!

キャラクターが立っていて、特徴的なリズムのある会話が面白く、読みやすく思う。
昨今のミステリーは無駄に難解に作られているため、自分で推理しながら読もうとすると、かなりの時間と労力が必要であるが、こちらの作品は対称的に、きちんと読者にも推理をして貰おうと言う配慮が見られ、好感を受けた。
ミステリーの連載はなかなか大変だと思うが、根気強く頑張って続けてほしい。

応援してます!