ボクの尊き楽園の終わる日

作者 無月兄

113

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「尊きかな、尊きかな」
食パン(ねこ)にとって、尊きものはコタツ!
コタツとは楽園なり。
しかし、暖かい季節になったので、家族がみんなコタツをしまうべきと言う。
大好きなコタツを片付けられまいと頑張る食パンがとっても可愛いのです♪
コタツを巡る攻防は、食パンの勝ちとなるのか、どうなるのか。果たして。

★★★ Excellent!!!

猫にとってこたつは楽園である。
おっと、申し遅れました。吾輩は猫である。嘘です。
食パンという名前のにゃんこが主猫公の物語。
そう、レジスタンスの物語である。本当です。
食パンはこたつという名の楽園を守らんとするレジスタンス。
政府軍に負けるわけにはいかーん。

食パンに安寧の日はおとずれるのか。
吾輩は知っている。
暖かい日もあれば寒い日もある。
それが猫生さ。
あ、おふとぅん登場しなかった。