やっと勇者が俺を追放してくれたので、前々から誘われてた教師になった~勇者パーティーにいた二人も添えて~

作者 結月アオバ

新しい観点でスゴく面白い

  • ★★★ Excellent!!!

最近でこそラブコメとかばっかり読んでるけれど、前まではよくファンタジーものも読んでいた。
だから、追放ものとかもいくつか読んだコトがある。そのときの記憶を思い起こすと、基本追放ものは細かい設定とかは微妙に違ったりするけれど、大まかなストーリー、設定、主人公の人格、侍っている人達の性格なんかは殆ど同じで、全くもって面白いと思ったコトがなかった。
けれど、これは違って、敢えての追放(されるのを待つ)もので、スゴく斬新だなと思った。
面白いと思ったので、更新楽しみにしてます。

加筆
自分の中で割と長文書いたから、書くの忘れてたこと。
↓↓↓↓↓↓
あと、従来の追放ものでは、追放する側(大体は勇者)の性格は本気で破綻しており薄いコトが多く、ヘイトを集めるのは分かるのだが、にしても勇者という名前の割に明らかにショボすぎることが多く、
追放された→なんか力覚醒!!→勇者?え、それなんでしたっけ?→いつの間にか勇者没落
みたいなパターンが多かった中、勇者にも1本しっかりとした筋が通っており、且つ自分がクズだと自覚してるのもポイントが高い。
だから、勇者にも期待出来るかもしれないと思う。
なんだったら、本編の主人公サイドと、番外編の勇者サイドで分けても俺は読むかもと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

那由多さんの他のおすすめレビュー 87