ボドゲ世界に転移しちゃう系女子とボドゲ好き男子がただボドゲで遊ぶ

作者 くれは

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ボドゲを遊ぶと、その世界の中に転移してしまう女の子、大須瑠々ちゃん。そして、ボドゲ通の男の子、角八降くんの二人が主人公の物語。ボードゲームの中の世界を直接味わえるなんて羨ましいかぎりの能力ですが、大須ちゃん本人はホラーなゲームを怖がっていたり、いろいろ不安もあるみたい。そこを、角くんが優しくフォローしながらボドゲの世界を案内する、というのが本作の流れ。
パリの街の夜景を愉しむ「パリ─光の都─」。氷に穴を空けて釣りをする子供向けの「カヤナック」。やさしい雰囲気のゲームを、ふたり協力しながら遊んでいく、ふわっとした雰囲気が楽しい作品。これからどんなゲームに挑戦していくのか、そこも楽しみな一作です。

★★★ Excellent!!!

ボードゲームの世界に転移してしまう大須さんと、そんな彼女と一緒にボードゲームをする角くんのお話。
描写が美しくて、ボードゲームというものの深みを感じます。実在するボードゲームを、その世界で楽しむ様子はワクワクしますし、ゲームなので手番になると悩みながら選択していく様子はとてもリアルです。わたしはほんのちょっと将棋をするのですが、「長考」はとてもよくわかるやつです……。
楽しい世界で大須さんと角くんが遊ぶ様子、これからも楽しみにしています!