便利屋玩具のディアロイド

作者 螺子巻ぐるり

ハードボイルドな便利屋は、手乗りサイズの玩具!?

  • ★★★ Excellent!!!

渋くて強くてカッコいい! 便利屋の玩具「ボイド」の生き様にしびれる作品です。

ボイドは「ディアロイド」と呼ばれる手乗りサイズの心を持つ玩具ロボット。子ども相手の便利屋を営むボイドは、「彩斗」という少年からある依頼を受けることに。この出会いが、ボイドの運命を大きく変えていきます。

物語は、最初から最後まで熱いバトルの連続です!
個性的なディアロイドたちが次々にボイドの前に立ちふさがります。強敵を前にして、はたしてどう戦うのか、どう攻略していくのか。負けられない戦いの連続にハラハラさせられて、あっと驚く戦術に興奮しました。

「俺は誰のモノにもなる気はない」
玩具のロボットでありながら、持ち主を持たずに動き続けるボイドの背景にはなにがあるのか?

そして、一つの依頼から始まり、大きな陰謀に立ち向かって行くことになるボイドと彩斗の運命は……!?

ハードボイルドなホビーアニメ風ノベル。
運命を切り開いていくボイドの戦いを、ぜひ読んでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

宮草はつかさんの他のおすすめレビュー 178