借金3億・ウーパールーパー(!?)、妄想OLと暴走中💘

作者 うぱ子

145

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「あらお父さん、どこか出掛けるの?」
「あ、あぁ、ちょっと……」
「……遠出の格好?ねえあなた、どこ行く気なの?」
「ちょっと、池袋まで……」
「ちょっ!この非常態宣言の中、越県する気!?」
「ええい離せ!俺は迎えにいかなくちゃならないんだ!」
「なにを……ねぇ!息子!息子!ちょっと来て!」
「……もう、なんだい二人共、玄関先で騒がないでよ」
「お父さんがこんな時に池袋に行くって言うのよ!」
「離せ!俺はうぱぁを!」
「池袋?……うぱ?……ハッ!」
「ちょ、息子!羽交い絞めにするのは母さんじゃなくて父さんの方よ!むぐむぐむぐ」
「父さん行って!後は僕に任せて!」
「すまん息子!すまん!」
「……がんばれ、父さん!」

~~~~~

「ただいま!」
「お帰り父さん!首尾は?」
「上々!それより、母さんは?」
「そんなことより早く!」
「お、おう……見ろ息子、これだ!」
「……ぴろぴろが付いてない!父さん!これ色が似ているだけの偽物!Qべえだよこれ!」
「ボクと契約する子はどこむぐむぐむぐ!」
「な、んだと!?」
「もう一度第一話からよく読んでよ!それと罰としてレビュー書いてよ!」
「と、父さんレビューなんか書いたことないぞ」
「大丈夫。事実を書けばいいんだよ!」
「でも事実を書いたら、父さん頭のおかしい人だって思われちゃう……」
「仕方ないよ、誰だってこの沼に落ちればそうなってしまうんだ」
「息子!」
「父さん!」

こうしてまた、業の深い一つの物語が、一つの家庭に闇と絆をもたらしたのであった。

そんな素敵な物語でした☆

★★★ Excellent!!!

あぴ子は「ポーカー探偵☆エクスプレス」に登場する推しキャラ、タマキさんへの愛と脳汁があふれるOLさんです。
紹介文の一文字目からツッコミ所ですが、そんなことを気にしていたら進めません。
あぴ子は同棲していた彼氏に振られ、悲しみのどん底で、しゃべるウーパールーパーっぽい何かに出会います。
うぱまろと名づけた謎の癒し系生物、そして今や誰はばかることなく解放された推し愛と共に、あぴ子の新しい生活がスタートします。
終わらない仕事、困った同僚、砂漠のような合コンに、忘れた頃にツラを見せる元彼など、日常のアップダウンを妄想の多段式ロケットで飛び越えるあぴ子ちゃんが素晴らしいです!
うぱまろを追いかける怪しい連中、独特な雰囲気の獣医さんなど、ちらほらと気になる登場人物が顔をそろえたと思ったら、なんとも一気呵成なクライマックスで盛り上がり、誰もが納得できる見事なラストシーン、拍手喝采です!
ほっこり優しくも、いろいろオカしいこの世界、皆さまも是非お越し下さいませ。

★★★ Excellent!!!

マイペースなお騒がせウーパールーパー(!?)と、推しへの愛が強すぎるOLの、一風変わった日常物語です。疲れた脳に、癒しと笑いを与えてくれます。

うぱまろのお騒がせ感に毎度、ほっこりします。周りを巻き込んで楽しませる天才だなあと。

OLのあぴ子も、推しへの愛が強すぎて、微笑ましいです。一生妄想だけで生きていける子ですね。

これは、うぱまろに手を焼かされる展開かと思いきや、我を失いがちなあぴ子を、優しいうぱまろがフォローする場面も多々あったり。

かと思えば、日常の色々な場面に伏線が張り巡らされており、物語が進むに連れて、すべてが一本の糸で繋がる時が来ます。

基本笑い、適度に刺激、山場の驚きに、いい塩梅のシリアス加減です。これはハマります。

★★★ Excellent!!!

妄想大爆発な主人公あぴ子と、不思議な生き物うぱまろとの、ほのぼの飯テロ癒し系モフモフ不思議妄想パワーワードストーリー……何を言っているのか分からない?

自分でも何を言っているのか、分からなくなるほど中毒になっている! 

さあ、読んでみよう! 読めばわかるさ! この面白さは異次元級!

新たなる世界への扉が、きっと開かれます!

推しへの愛が凄すぎるOLアピ子と、食いしん坊な謎の生き物うぱまろとの楽しい日常を描いた物語です。

読みやすい文体でスラスラ読めちゃいます。

ほのぼのしたい人に、是非おすすめな作品です。

★★★ Excellent!!!

カロリーが多めなタイトルを見せたあとに繰り出される「夢と現の際どい淵を彷徨う」という硬派な書き出しを見た時「天才かな?」と思いましたwww

まさにその暗示通りで、狭間で揺れながら気持ちを揺らすオタク女子の奮闘を描いてます。個々のエピソードも短めでまとめられていて、ニュアンスとしてはちょうど四コマ漫画くらいと言えばイメージしやすいかなと思います!

とにかく勢いとスピード、あと緩急がついた作品が好き!
という方には特におすすめです!

★★★ Excellent!!!

 若干妄想癖のあるOLうぱ子さんと、突如同居人(同居ウーパー?)となった喋るウーパールーパーのうぱまろとの、ほのぼのした掛け合いに和みます。
 はじめはうぱまろ君もうぱ子さんの妄想というオチを心配していましたが、どうやらそんなこともなさそうで安心です。ない……ですよね?
 うぱまろ君は何やら重大な秘密を持っているようですが、そのひたすら能天気な様子に癒やされて、まぁいっかとなってきます。
 定期的に会いにきたくなる不思議な魅力を持ったうぱまろ君を、みなさん一度ご覧になってください。

★★★ Excellent!!!

一話三分と銘打っているだけあって、本当にサクサク読むことができる「癒し系不思議度満載作品」

ツッコミを入れながら読んでいました(笑)
作者のうぱ子さんの感性が可愛らしくて不思議すぎて好きです。


読書する時間がない……そう思っている方も、一度は覗いてみてほしいな。
本当に簡単に読めるから。

なぜなら……
・難読漢字が一切ない
・覚えなければならない独特の単語もない
(ヤム・カァシュ・ウパチャイ7世を覚えておくと楽しい程度)
・名前の出てくる登場人物が少ない

ほら、気軽に読めるでしょう?


疲れたときにこの作品を読みに来たいなぁ。
というわけで今後のために未読話を残しつつレビューを書きました。

★★★ Excellent!!!

主人公のあぴ子さんは話の初っ端から彼氏に振られますが、大丈夫。
ひょんなことで出会ったウーパールーパーと、二次元の彼であるタマキさんがいるので、毎日がほのぼの明るく楽しい。

ウーパールーパ―はそのかわいらしさで皆を和ませるし、
あぴ子さんの妄想上でタマキさんは完璧な彼氏っぷりを見せてくれます(笑)

一話完結なので時間がちょっとある時にでも読めて、心があったまります。
ぜひお読みください。

★★★ Excellent!!!

読むと間違いなくウーパールーパーがほしくなります。
みなさまよくご存じの、水槽のなかにいるあれではありません。
ぬいぐるみコーナーにそっと置かれた、ピンク色の、自称ウーパールーパー(?)のことです。

そんな、かわいらしくもおかしな容姿の謎生物と出逢ったOL・あぴ子は、その子を「うぱまろ」と名づけ、いっしょに暮らすことになります。
うぱまろはにぎやかで、純粋で、そして時折哀愁を感じさせるふしぎな子。ゴボウしか勝たん、などと生のゴボウをぼりぼりかじったかと思えば、スズメバチを食べてタンパク質がどうこうと言い、お酒をたしなみ、バブル時代の話をし、そして多額の借金を抱えているというのです。
彼氏にフラれたばかりのあぴ子でしたが、うぱまろとの楽しい日々は、その傷をどんどんと癒やしてくれます。ほっこりとする毎日ですが、やがて……。

基本的に一話完結型、ふたりの生活模様をコミカルに描いた物語です。
とにかくかわいらしく、「なにそれ!」とツッコミながら読んでしまうようなシュールさが魅力的。
やさしさと純粋さにあふれたふたりの毎日は、読んでいるこちらのこころも、あたたかくやわらかくしてくれます。
また、あぴ子には妄想癖があり、二次元の推し・タマキさんとのロマンティックな展開が突然差し挟まれるのですが、このあぴ子ワールドの強烈さがまたたいへんおもしろいのです。
ただ楽しいだけでなく、ちょっと切ないお話があるのもまた、この作品のすてきなところ。じんわりとこころに広がるものが、今日のしあわせをまたいっそう、かけがえのない大切なものにしてくれます。

奇妙な生物と妄想OL、ふたりのかわいらしい世界に、あなたもぜひ飛び込んでみてください。

★★★ Excellent!!!

まず一言、面白すぎます:)

1話完結のような形で短編で物語が進んでいきます。

2人のやりとりが癖になるのと、作者さんのワードセンスと物語のテンポ、間合いがよく読みやすいです。気づいたら、一気に読んでしまってます笑
よくある異世界転生系の物語よりも断然オススメします。

今後も読み続けたいと思います!!

★★★ Excellent!!!

 激務に追われ、推しのタマキさんとの妄想に余念のないあぴ子さん。
 彼女はひょんなことからウーパールーパー的ぬいぐるみ・うぱまろと同棲生活を始めることになった――
 人外そのもののうぱまろ君は、あぴ子さんに確かに驚きをもたらす存在ではあります。しかしあぴ子さんも推しへの愛情がすさまじく、それだけでも主人公としての揺るぎない地位を確立しているのです。
 日常に少し疲れた人や、推しの尊さで心が浄化される気持ちを知っている方は、充分楽しめる内容です。

★★★ Excellent!!!

日常と非日常が混ざってはいるけど、それらがちょうど良いバランスで進む作品。
 こういった日常の中に非日常が入ってくるタイプの作品ってのは、漫画では以外とよくある。けれど、これを文字情報のみの小説でやろうとするのは相当大変だろう。そう簡単にやれるものではないと思う。
 だが、この作品はそれをやってのけている。ここが、この作品の素晴らしいところだと思う。

★★★ Excellent!!!

 二次元の推しをこよなく愛する妄想女子・あぴ子ちゃんと、もふもふ(マシュマロ感)ウーパールーパー(?)のうぱまろが織りなす、ちょっと不思議な日常を描いた、読み切り型の連載です。

 バブル時代に一世を風靡した「ウーパールーパー」をご存知でしょうか。
 ぽかっと間が抜けたお顔、寸胴なピンクの身体、顔の横で動くピロピロ。そんな生き物が、まるでぬいぐるみのような姿で、突然に話しかけてきたら。あぴ子ちゃんはそんな未確認生物を連れ帰ってしまうような、優しい女子なのでした。
 彼女には二次元の最愛の彼・タマキさんがいて、お仕事や人間関係で疲れた時には「彼との甘い日々」を妄想し、乗りきっていたのですが、そこに謎ウーパールーパーうぱまろが加わり、ビターだった毎日が少しずつ優しくやわらかく変化していきます。
 妄想の中の「タマキさん」、不思議だけど現実にいる「うぱまろ」。ふたりの優しさは、読んでる側の心もふんわり癒してくれるように思います。

 さて、愛らし謎生物のうぱまろには「三億円の借金」があるらしく、時々チラ見えする哀愁漂う過去が気になってなりません。
 まずはご一読、癒しが欲しい方にもぜひお勧めします。

★★★ Excellent!!!

日常と非日常が混在し、徐々に日常が侵食されるような感覚の作品を読むと、筆者のバランス感覚に驚かされる事ってありますよね?

日常だけの作品なら淡々と情緒的な描写で日常を描けばいいし、非日常な作品なら日常をどんどんぶっ壊して崩壊させていけばいい。

だけど、その間を狙った作品ってバランス感覚が必要だと思うんです。

日常を淡々と描きつつ、そこに非日常を入れ込む。言葉で言うのは簡単だけど、さじ加減でシラけるし、笑えない。だから、フフッと笑わせて、どうなってしまうのか? と想像させるのは至難の技ですよね?

うぱ子さんの『借金3億抱えたウーパールーパー、地味系妄想OLの部屋で暴走中!』はバランス感覚がいいです。

もちろん、フフッと笑えて、先が気になる。

こういう日常と非日常を織り交ぜたような作品を書こうと思っている人は参考になると思いますよ。

おすすめです(●´ω`●)

★★★ Excellent!!!

もう、すっごく面白い。気づけば妄想に浸るOLあぴ子と、彼女に飼われている(?)ウーパールーパー(?)のうぱまろの物語にどっぷりハマってます。もう既に(?)を二回も挿入した通り、言葉で語るのは非常に難しいですが、めちゃめちゃ面白いのーっていろんな人に勧めたい本作。

既存の作品に無理やり例えれば、漫画「よつばと!」のような日常をユーモラスに描いた作品ですが、でもオンリーワンの魅力に溢れている。作中のウーパールーパーがとにかく笑わせにきます。でも山椒魚の何が面白いのかと聞かれれば、語りたいんですけど、絶対に前情報無しで読んだほうがハマれると断言できるので、お伝えできないジレンマ。

ちょっと今日は疲れたな、嫌なことがあったなという日に読めば、オアシスのような癒しに出会えるはず!主人公のOLあぴ子と、うぱまろ(ウーパールーパー)のやりとりが本当に可笑しくて、軽妙な描写とセンス溢れる掛け合いの絶妙さに私はいつの間にか作品の虜。

あなたの近くに、もしかしたらいるかもしれないウーパールーパーとの出会いは、まだ始まったばかり。語彙がなくて申し訳ありませんが、本当に本当に、すごく面白いです。是非是非、ご覧ください!