シュレディンガーの猫とバスカヴィルの犬

作者 フジムラ

あいやしばらく――気風のいい姐さんと、怪異三昧のセットはいかがで?

  • ★★★ Excellent!!!

とにかく小気味いい。

どこか道を極めた風情のある瑠々子の口上はもちろんのこと、出てくる怪異と物語の噛み合いが、実に風変わりな味わいを醸し出している。

文芸としての筆の強さはもちろんのこと、一目見れば忘れないような〝あく〟の強い魅力的なキャラクターたちが、この短い尺のなかで大暴れする様は、みていてなんとも心地がよい。

少女を狙う〝犬〟の正体は英国の悪意か、それとも暗黒宇宙の産物か……

ぜひともあなたも、このずいぶんと楽しく、恐ろしさとユニークさが同居する物語を堪能されてみてはいかがか?

文句なしの星三つ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪車町地蔵(そりまち じぞう)さんの他のおすすめレビュー 271