ドッグタグ

作者 クララ

47

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 目の前に色のついた風景が広がる描写がとても素晴らしい作品で、コーヒーが香るようなレトロ雰囲気のダイナー、荒涼とした大地から山間部風景、荘厳な教会、白い霧の世界、赤い花畑。
 1万文字少々の中にこれだけの風景が広がります。主人公の職場は忙しそうというところから都会の喧騒も感じ取れるかも。

 ジャンルは「神秘的な、不可思議」の意味のミステリーですね。

 主人公が久々に級友と会う所から物語はスタート。複雑な気持ちもある様子。
 それぞれの体には識別チップが埋め込まれている未来の時代でも、やはり戦争というものは無くなっていないようで。
 あえてドッグタグというアナログなアイテムを使っている彼ら。自分の体温で温まる金属のプレートで生きている実感を得るというのが、なんとも言えない趣があります。

 そんな彼の相棒のドッグタグを、故郷に届けるという願いにこたえる事となった主人公の旅。

 その後の彼らを想像させる余韻あるラストが最高です。
 

★★★ Excellent!!!

人のデータがチップ化され、普通の人間でもそれは腕に埋められている。いつの時代か、もしかしたらすぐにでもくるのではないか。そんなふうに思ってしまうような時代の話。人の生死が、戦争が身近にある。生きる意味が欲しいと願う若者たちがその手に握るドッグタグ。世界観、設定ともに練られていて、短編映画を見たような気持ちになります。

★★★ Excellent!!!


言うなれば臨場感が非常に高い紀行文学。すなわち、読めばあたかも本当の旅行へ出かけたかのように主人公が旅先で味わったものを追体験できる文学作品です。『土佐日記』や『更科日記』などが有名でしょうか。このジャンルの特徴として挙げられるのは、風景描写、心理描写への深いこだわりと、力の入れようが半端でない点です。

軍人である親友から預かったドッグタグ。それを故人の故郷にあるという「ステンドグラスが素敵な教会」へと持っていく。内容に触れるならただそれだけの話なのですが。
同じ軍人である彼の安否。彼への思いを織り交ぜた不安。田舎の豊かで情緒的な風景。そういったことを通じて「人生とは何か、旅行とは本来どのような行為なのか」を読み手へ考えさせる深い内容になっています。そして、ただ主人公が物思いに浸るだけの「独白」では終わらず、約束を果たした主人公には思いがけない「導き」が待っています。なんと、文学作品にありがちな投げっぱなしの曖昧な結末ではなく、我々をきっちり納得させる形で物語のクライマックスを盛り上げることまでやってのけたのですから! 見事としか言いようがありません。

人生はいつ何が起こるかわからない。もろく刹那的でいつ壊れても不思議じゃない日常の何気ない幸福。それがどんなに貴重であるか。そういったメッセージの込められた作品は何もこれ一つではありません。されどここまで丁寧かつ高い技術で描かれた職人気質の作品は唯一無二でした。間違いなく、この御方もまた「在野の天才」
入賞に相応しく、どこへ出しても恥ずかしくない名作だと感じました。

何もテレビや雑誌で紹介された観光名所に出かけていくだけが旅行ではありません。
自分の足でおもむき、その土地ならではの素敵な場所と偶然の出会いを果たす。もしかするとそれが旅行の醍醐味なのかもしれません。