カクヨムの悪魔

作者 星都ハナス

139

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

欲望のために己を売れるか。
願いをふりきるほどに、価値のある己か。
星都ハナスは、物語を進めるうちに読み手へ究極の二択を突き出してきます。
どちらをとっても苦みのある酒。

人間の欲望には、きりがありません。
100パーセント満足できることなんて、どこにもない。
何を選んでも、結局、別の後悔が残るでしょう。

欲望と後悔のバランスをとるのは、自分の筋です。
そこを通せるかどうかで、見える世界が変わってくる気がしますね。

★★★ Excellent!!!

人間は欲望を持っていて当然。
無欲イコール神の領域ではないでしょうか。
しかし、他者を蔑ろにして自分が優位に立とうとする欲望が漲り過ぎると、この物語のようなホラー現象に誘われてしまうのかもしれません。

どんなホラー現象でしょうか。
もしかしてカニバリズム!?
気になる御方はページを開いてください。
但し心臓の弱い御方はソーセージに御注意ください。

★★★ Excellent!!!

今、「書籍化」をかけた悪魔のゲームが始まる!!
いつの間にか集められた、カクヨムユーザーたちの本性とは!?

あなたはここまで、書籍化のために自分の中の悪を曝け出せますか…!?

凄い話を読んでしまいました。
体調の優れない方はどうかご注意を。
それぐらい、心臓がバクバク言うような怖い作品なのです。
心臓に自信のある方は、どうかご一読ください。

★★ Very Good!!

他人事として読めるうちは、ある意味幸せなのかもしれない。我々が日々やっていることは、突き詰めればこの作中の人物たちの行動と大差無い。創作だからオッケー。妄想だからセーフ……果たしてそういう問題なのだろうか?

――いつの時代も、他人の罪を見て笑うことは容易い。

★★★ Excellent!!!


書籍化をかけて繰り広げられるデスマッチを勝ち残るのは誰か?

物書きなら一度は夢見る「書籍化」のために魂を売ることができるのか?

生まれてから何事もなく生きてきた人間なんていない。どんな人間にも大なり小なりの黒歴史がある。そんな人間の闇を大胆にえぐり出したような物語。

最後に救いはあるのか?
是非、あなたの目でご確認ください。