拙さと、儚さと、喧しさと。~『桃髪家の一族』と呼ばれる家系で、知らない間に『薄い本』のネタにされている僕って、大器晩成型らしいです~

作者 殿馬 莢

★で称えました

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

萩原善胤さんの他のおすすめレビュー 203