黒猫の剣士 ~魔術を斬る剣術でパーティに貢献してたけど、魔力ゼロで『無能』扱い。我慢の限界で辞めてみたら、S級パーティに即スカウトされました。彼らと頂点を目指すので、今さら謝られても「もう遅い」です~

作者 妹尾 尻尾

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全64話

更新

  1. 第一話 もう辞めます!
  2. 第二話 うちに来ないか、少年!
  3. 第三話 きみは『無能』ではないだろう!
  4. 第四話 公私混同をするな。
  5. 第五話 規格外、というやつか。
  6. 第六話 最後のチャンス
  7. 第七話 ナインくん、生きてる?
  8. 第八話 そんな剣術があってたまるか!×3
  9. 第九話 天雪
  10. 第十話 閃紅のダリア
  11. 第十一話 僕が、斬ります。
  12. 第十二話 男の子をカッコイイと思ったのは
  13. 第十三話 【アイラスside】とんだ詐欺案件だった
  14. 第十四話 星の彼方を目指したい
  15. 第十五話 【アイラスside】現実を直視できないらしい
  16. 第十六話 【アイラスside】無能なのは、あなたの方だったのだ
  17. 第十七話 胸を張って。きみは、それだけのことをした。
  18. 第十八話 一国に縛られるわけにはいかない
  19. 第十九話 ピエロッタ・マルゲリータでございます
  20. 第二十話 『買いかぶり』すぎるな
  21. 第二十一話 彼らにとっての竜
  22. 第二十二話 「武術だよ」
  23. 第二十三話 首と身体、残したい方を言え。
  24. 第二十四話 きみたちの方がよほど恐ろしい
  25. 第二十五話 【アイラスside】因果応報
  26. 第二十六話 もう遅いんです①
  27. 第二十七話 もう遅いんです②
  28. 第二十八話 やっぱデートじゃんこれ①
  29. 第二十九話 やっぱデートじゃんこれ②
  30. 第三十話 藪をつついて“竜”を出す
  31. 第三十一話 意外にも話が通じる相手
  32. 第三十二話 “竜”が視えます
  33. 第三十三話 七星剣武と見受けたが
  34. 第三十四話 神の復活こそ、我らが望み。
  35. 第三十五話 それで、いつ告白するの?
  36. 第三十六話 家族の、思い出
  37. 第三十七話 臆病者め
  38. 第三十八話 なんで喋らないんだこの二人。
  39. 第三十九話 僕が「好きです」って言ったら、迷惑でしょうか
  40. 第四十話 満天の星の下で
  41. 第四十一話 あなたに、魔力が無かったからよ
  42. おまけ・猫語バージョン
  43. 第四十二話 ひとは平等ではない
  44. 第四十三話 両片想いのはずなんだけど
  45. 第四十四話 何事もなく①
  46. 第四十五話 何事もなく②
  47. 第四十六話 紅鷹《くおう》の皆様のファンなのです
  48. 第四十七話 標的は、王子と花嫁ではない。①
  49. 第四十八話 標的は、王子と花嫁ではない。②
  50. 第四十九話 ……初夜?
  51. 第五十話 話があるわ。赤毛の女
  52. 第五十一話 姉弟喧嘩
  53. 第五十二話 お前の名は『ヴァルザック』
  54. 第五十三話 ナインをお願い
  55. 第五十四話 お母さんは、どんな人でしたか?
  56. 第五十五話 邪竜の王
  57. 第五十六話 玖秒の王撃《ナインカウント・ストライク》
  58. 第五十七話 想像よりも可愛いやつだな
  59. 第五十八話 命を弾丸《チップ》に換えて
  60. 第五十九話 怨念
  61. 第六十話 僕の家族は
  62. 第六十一話 星の彼方で。
  63. 第六十二話 猫には“竜”が鼠に視える
  64. 第六十三話 エピローグ・終わりと始まりの日。