夏の水葬

作者 雪庭瞳

43

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

愛情。

どこか美化されがちなその感情は、無防備に褒め称えられるほどに、果たして、美しいのだろうか。潔いのだろうか。

この作品が示しているのは、その愛情の容赦ないひたむきさだ。

若いが故に無知で、だから純粋で、盲目的な感情。

今一度私たちは、その感情の本当の在り処を、その残酷さを見定めなければならないと、この作品は気づかせてくれる。

★★★ Excellent!!!

まず一定数、こう言った「歪んだ愛」を持ってしまう人間はいて、それは第三者目線で見れば醜いものに他ならない。でも、これが当事者目線で書かれていることによって、まるで自分がそうであるかのように「人魚」の影を求めてしまう。望むように「人魚」と呼ばれる彼女の苦しみが描き出されていき、驚くほど鮮やかなラストを迎えます。
解釈がどこまで合っているかは分かりませんが、色んな人にこの作品を読んでもらいたいと思いました。