もののふともののけの挽歌~會津城下のこひびと~

作者 碧月 葉

59

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

妖怪が存在する幕末に転生した主人公ユイが、術師の颯介、銃を操る七重といった同年代の仲間と妖怪退治を生業とするもののふを目指しながら、藩主嫡男の忠道様とともに滅亡の運命にある会津藩の危機を脱するために奔走していく…

前出のメインキャラクターだけでなく、

 心身の強さと優しさに、賢さを備えたユイの父・義勝殿。
 文武に秀でた才女で、ユイの師でもある梅子先生。
 もののふの中でも屈指の実力を持つ女大将・双葉様。

等々、魅力的な人物がたくさん登場するところも見所です(((o(*゚▽゚*)o)))

様々な立場の人たちの、想いと志と思惑が交錯する物語。
もののふを利用する黒幕の正体とは?
そして、ユイたちは会津藩滅亡を回避できるのか!?
彼らの運命や如何に!?

★★★ Excellent!!!

現代日本に生きる男子高校生がある日、雷雨の中、衝撃を受けて、目が覚めると……そこには赤髪蒼瞳の美少女・ユイが……って、それは男子高校生の自分だった!?

まさに衝撃のオープニングから、広がる幕末の……と言いつつ、そこは「正史」ではない、少しちがう――異世界のような幕末。徳川ではない、別の家が幕府を開き、舞台となる會津(会津)もまた、松平ではない家が大名となっていた。

話が進むと共に知る、この幕末異世界にうごめく、妖(あやかし)の存在。
そしてその妖を退ける「もののふ」の存在も。

転生と転性をしたユイは、果たしてこの幕末異世界をどう駆けていくのか。
そしてユイは、「正史」では滅ぶ会津を救えるのか。

会津旅情をかき立てられつつ、ユイの今後の軌跡を見守りたくなるこの逸品、おすすめです!