サヨナラ、小さな罪/その曲の名は…

作者 秋色

秋の野山、普遍性、葛藤

  • ★★★ Excellent!!!

風景描写と心情の表現が瑞々しくて詩的でとても印象に残ります。読みすすめる時のリズムの心地良さも相まって、小説そのものがまるで一つの名曲のようです。

レビューを書く場合、キャッチコピーを考えないといけないところなのですが、非常に悩ましいです。
おそらく何を書いても当作品の邪魔をしてしまう。「〜の名作!」とよく目にする宣伝コピーはきっとこの作品には合わない。
読み進めるうちに感じた単語を羅列するしかできませんでした。
長く心に残るものは、名前をつけることをためらうものなのかもしれません。
いや、いっそ決めないのもいい。
この作品のようなラストの感動につながるなら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

螢音 芳さんの他のおすすめレビュー 55