地球を握りつぶして

作者 ささやか

48

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 夜の住宅街、偶然にも「ラディカンスペルク」と遭遇してしまった男性が、なんやかやあってそのまま同棲を始めるお話。
 SFです。ひとりの男性の元に突如舞い降りたとてつもない何か。地球外生命体、といいますか、もう認識すらぶっちぎって何もかもを超越した上位存在との、心温まる交流の物語。いや「心温まる」というのはちょっとミスリード気味というか、嘘ではないにせよでも温まる以上に肝が冷えるようなところがあって、つまりある意味ホラーっぽい側面もあります。人の抱える根源的な恐れ。あるいは、曰く名状し難き何かに覚える恐怖のような。
 その恐怖の表現の仕方、というかラディカンスペルクに関する描写の仕方が好きです。文章そのものは主人公・吉川善一の主観に沿った一人称体で、だからこそ可能な芸当なのですけれど、ところどころで文章が明確におかしくなるんです。
 いわゆる「バグった」ような狂い方。この症状は決まって「ラディカンスペルクに関して描写しようとしたとき」にのみ発生しており、これが理解不能な存在に対するゾッとするような恐れをそのまま書き表すと同時に、彼らがどういう存在かを端的に示してもいる。この感覚、感性そのものが魅力というのもあるのですけれど、でもそれがこうまで映えるのは、やはり主人公のキャラクター性あってのこと。
 単純にこの吉川さん、これだけとてつもない存在に遭遇していながら、恐れも怯えもしていないんです。どこか投げやりというか達観しているところがあって、だから普通に同棲までできてしまう。そういう性格、と言えばそれまでなのですけれど、でもそこにしっかり理由があって、しかもそれがきっちりお話の筋に食い込んでいること。単に人物の個性というだけでなく、「彼だからこそこの展開なんだ」というのがちゃんとわかる、このキャラクター性と物語の連結が本当に魅力的でした。なるほど、と納得させられてしまうすごい… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

リリアーヌと名付けられた地球外的な何かと生活するが、その規格外の力に翻弄されていくのでした。

思えば宇宙人的なものが現れないのは、人間が弱すぎる生き物だからで、接触するとすぐになろう主人公みたいになるからではないでしょうか。とりあえずこの小説はz◯z◯の前◯さん当たりに読ませたいと思います。