死人に口なし

作者 四百文寺 嘘築

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この言葉は、亡くなった祖母の弟から教えてもらった言葉です。

葬式は生きる儀式と言いますが、この儀式を通じて私たちは縁をえることもあります。

この小説「死人に口なし」は身内の言葉を証明する作品でもあります。
主人公の出生は不遇です。その後関わった人間によって多少人間らしくありますが、不遇の積み重ねによってねじり曲がった性格はそう易々と戻るものではありません。
その証拠に、彼は良い趣味を持っています。斎場巡り。
見も知らぬ人の斎場をめぐってその人の人となりを知る。この設定は「なるほど」と膝を打ち、また、主人公のひねくれ曲がった性格をより強固にしてくれます。

しかしながら、主人公は一つの葬式をきっかけに変わっていきます。
斎場で出会った二人の女性。
見えなかった自分のルーツ。
自分と重なる一人の少女。

葬式という、悲しい儀式の中に見える人間模様。
ハッピーエンド保障と記載がありますが、主人公の変化をお楽しみください。

★★★ Excellent!!!


あらすじ、プロローグ、本文、エピローグと連続していながら、それぞれで違った顔を見せてくれる作品です。

主人公は出自の関係で異常な偏執があるサイコパスかと思えば、いつの間にか感情移入をしてしまうほどの人間らしさを持っています。

たった三話、一万五千字と侮るなかれ。
彼の等身大のキャラクター性を巧みな表現で短編というボリュームの中に纏め上げる技量には舌を巻きました。

もちろん、彼以外の人物にもそれぞれのドラマがあり、それが複雑に絡み合う事で物語の深みがグッと増している気もします。

この作品を読み終えて、思わず唸りました。
読み応えのある心理描写を短時間でどっぷりと味わってみたい方、是非ご一読してみてください。