停止した時の中で

作者 松本 ゆうき

スロースタート。じっくり読みましょう。それが読者の中に下地を作ります。

  • ★★★ Excellent!!!

今39話です。
この小説は、どちらかと言うと構成がホラー系です。徐々に怖くなっていきます。
今佳境なのでしょうか?
38話もだったけど、この39話も読み終えた時、やっと息を付けました。息をつくまで自分でもそこまで息を絞っていたことを気付いていなかったけど。

多分主人公だから死なないんじゃないか?などと思わせない感じがする。
平気で主人公スイッチ!とかありそうな感じまでさせるので、油断できない。

戦闘シーンが上手いか?というと普通?
では、どこが、このキングを読んでいるときのような息詰まり感を引き起こすのか?
わかったら苦労しないわw

だから読み続けたんだろうと思う。不思議?

今まで見た投稿作品で、ここまで緊張して読んだものは無かった。
商業作品並と言っていんじゃなかろうか。しかもホラー系並の高さの緊張感。


実は読むのは二回目?。途中までだけど。
作者さん、途中で手直ししたようで、これをUPするのは再度だと思います。
前回星1つしか付けていなかった私ですが、今回途中から3つにしました。
なので、手直しされているんだろうなぁ、、と勝手に思っただけですけど。
違ったらごめんなさい。

この作者さんのもう一つの作品【ハイペリオン戦記】、面白いですよ!
【停止した時の中で】とは違うタイプです。
ただ、こちらは遅筆になっているので気長に楽しみましょう!!

2つともフォローして、時間がある時にじっくり読んで楽しむ系になります。
帰宅してコーヒーでも用意して読みましょう!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

ユニさんの他のおすすめレビュー 501