案内人は異世界の樹海を彷徨う

作者 月汰元

冒険があり、夢があり、皆さんに是非お勧めしたい素晴らしい作品です

  • ★★★ Excellent!!!

この作品は『なろう』で読みましたが、その奇想天外な設定と物語のめくるめく展開、主人公と周囲の人々の魅力、とりわけ猫人族の可愛さに大いに魅せられています。だから、私は5回位読み直したでしょうね。
作者の描く世界は独特なものがあり、他の作品にはないものです。なろう作品の「復讐は天罰を呼び、魔術師はぽやぽやを楽しみたい」では触媒を使った魔法と様々な魔道具が生き生きと書かれています。また、「崖っぷち貴族の生き残り戦略」ではある異世界人が地球人と意識が繋がってその知識を利用でき、かつ真命術という魔法を使った世界があります。
またこの作品では、魔物を退治することで得られる魔法の世界と地球の間を行き来することによる様々な展開があります。
私にとっては、作者(読み方は判りませんが)はネット小説作家No.1です。
そして、切にお願いしたいのはこの作品の続きを書いてほしいということです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黄昏人さんの他のおすすめレビュー 3