シェヘラザードによろしく

作者 オカダケイス

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

斬新な切り口、淡々とした進行、唐突な展開、余韻が残るオチ。ちょっと謎めいた話もあれば、ズレていたり、滑稽だったりする話もあります。

出会うモノたちが個性的なので、それだけでも十分楽しめますが、話の展開も良くできていて、夢中になってのめり込んでしまうこともしばしば…。

どの話が好きかを語り合いたくなる。そんな楽しい(?)短編集です。(個人的には『セロハンテープの神様』が好き!)

★★★ Excellent!!!

ひたすらに淡々と、異様に勘が鈍くマイペースな“わたし”の視点で奇怪な小話が続く短編集。
淡々と語られる世界やら事情やらはどこかトチ狂っていて、ニヤリと笑えるシュールギャグの数々が続く。
どちらかと言えばコント集めいた作品のように感じられるが、読めば読むほど味わい深く、風刺であるような、そうでないような、あるあるであるような、そうでないような……

それこそ夢でも見ているかのように不思議で、けれど読むと胸が少し軽くなる、奇妙なテイストの作品。
よろしくされたシェヘラザードも、クスリと笑っているのだろうか。