星餐酒

作者 安良巻祐介

「思い出が影になりきる頃に、きっと」これは優しい愛の記憶の物語

  • ★★★ Excellent!!!

不思議な存在だった美しい妻との想い出。穏やかに語られる物語は優しくも切ない。

「またどこかで会えるとしたら」

「思い出が影になりきる頃に、きっと」

星餐酒を飲んでみたくなりました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

つきのさんの他のおすすめレビュー 748