だとしても、俺は明日の光へ手を伸ばす。

作者 みしょうかん