「いいね」または★依存

隅田 天美

「いいね」または★依存

 あなたにとって『カクヨム』という場所はどんな場所なのだろう?


 私の立場は『文芸の修行の場』である。

 または『気軽な投稿場所』。

 だから、「いいね」とか★、感想をいただくのは嬉しいが読者に対して積極的に「ください」というのはあまりしない。


 なのだが、時々「読んだら感想をください」「いいねを押してください」などと読者に注文を付ける作者を見かけることがある。


 歳のせいか、「もうちょい、肩の力を抜けよ」と言いたくなる。


 しかし、私の若い時も実は似たような半ば脅迫めいた「自分は絶対面白いはずだ」という自信があった。

 その中身はというと実際のところ、どこかの大ヒットゲームや小説をなぞっているものが多かった。

 

 もちろん、完璧なオリジナルというのはなかなか難しい。

 でも、少なくとも読者が作者に依存することはいいが(加減はあるにせよ)逆に作者が読者に依存してはダメだと思う。


 では、どうすれば、★や「いいね」依存から脱することが出来るのか?


1・まずは『カクヨム』以外の趣味や評価してくれるところを探す

2・作品に全力を出す

3・「読まれない」と思ったら冷静に分析をする

4・「いいね」や★をもらっても一喜一憂しない

5・相手にも都合がある事を知る


 場当たり的だが、こんなことを考えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

「いいね」または★依存 隅田 天美 @sumida-amami

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ