おとぎの後継者

作者 モーニングあんこ(株)

59

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

斬新かつ難しい設定を、細部まで彩られた筆運びで鮮やかに描いています。

第一話の時点で世界の概要をあらかた理解できるようになっており、そしてスピード感のある戦闘も楽しめる。文句無しです。

また、節々から作者の持つセンスが溢れ出し、見る者を魅了します。
主人公の能力(エピソード)名は「赤ずきん」——しかしそれは「狼としての力」を行使するもの。こういう感覚、私は大好きです。

さらにそういった力を使う者たちを「エピソーダー」と呼ぶところも良い。端的に表現された言葉だからこそ力強さがあり、ダークファンタジー的な重みが感じられます。

こだわりのある作品を見たい方に是非とも勧めたいですね。

★★★ Excellent!!!

タイトルの通り、この話はそれぞれの御伽噺をモチーフとした力を持ち、ストーリアなる組織に属す主人公達が、怨毒という異形と対峙し倒していく話です。
(本当はそれだけではありませんが、そこは読んで知っていただきたいです)

刮目すべきは、設定の細やかさと説明感を感じさせない自然な筆致、そして流れるような映像的な戦闘描写。

そして、御伽噺のどのような要素を力に取り入れているのか、見てるだけで楽しいです。

ダークなファンタジーが好きなそこの貴方!そしてそうでない貴方も、きっと沼に落ちることでしょう!!

是非にお読みくださいまし!!