聖女なんて破廉恥な役目、全力でお断りします!

作者 綾 雅(りょうが)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全102話

更新

  1. 主要登場人物紹介(ネタバレ注意)
  2. 第1章 聖女に選ばれし乙女
  3. 1.困ります、野菜の収穫が待ってるので
  4. 2.選ばれし聖女は「裏切者」と叫ぶ
  5. 3.聖女が拘束されて逃亡っておかしいわ
  6. 4.聖女は騎士を誤解の渦へ突き飛ばす
  7. 5.王太子も大いに混乱する
  8. 6.説明するほど言い訳がましい事実
  9. 7.酔い止めに考えを巡らせたら、見落としました
  10. 8.聖女は馬車から脱走する
  11. 9.乗り損ねた聖女と、間に合った王太子
  12. 10.蔑まれるなんて、知らなかった
  13. 11.無言なのは舌を2度噛んだから
  14. 12.逃げる令嬢と追う騎士の攻略戦
  15. 13.辺境伯と王太子は首をかしげる
  16. 14.聖女の帽子と手がかりを追え
  17. 15.騎士は初めての罵りを受けた
  18. 16.最前線、城塞都市の強さの秘密
  19. 17.騎士はすべてを曝け出せなかった
  20. 18.優しい人が報われない世界
  21. 19.奇跡的な再会なのに喜びづらい
  22. 20.すれ違いは会話だけでなく
  23. 21.家族の待つ家はあたたかく
  24. 22.誤解の解けるきっかけは
  25. 23.ひとつ解けても新たな誤解の種
  26. 24.聖女の父の心境は複雑で
  27. 25.街で尊敬される男爵家ですが
  28. 26.陰の支配者が放つ鶴の一声
  29. 27.覚悟を決めた母は強し!
  30. 28.髪は薄くても情に厚い
  31. 29.豪華な食事を楽しめた理由
  32. 30.聖女やめて帰ります
  33. 31.着火剤は油を背負ってやってきた
  34. 32.妄想という暴走の赴くままに
  35. 33.聖女保護の一報
  36. 34.麗しき兄妹愛は空振りに
  37. 35.謁見は恙なく……
  38. 36.遠ざけられた兄の焦り
  39. 37.いけないことだなんて
  40. 38.紐が解けてきちゃった
  41. 39.おもてなしの重さに潰れる
  42. 第2章 目覚めた魔王の決断
  43. 40.敷かれたレールは飽きた
  44. 41.魔王参上ゆえの惨状
  45. 42.泣き叫ばないのか?
  46. 43.人の良い狼の群れに囲まれる羊
  47. 44.王太子は聖女奪還を決断した
  48. 45.魔王の幼女趣味疑惑
  49. 46.人質だけど魔王と散歩に出る
  50. 47.手遅れからの協力要請
  51. 48.女神すら巻き込まれる渦
  52. 49.お花が綺麗ですね
  53. 50.火力不足で足並み揃わず
  54. 51.正確な場所、知らないけど
  55. 52.隠れ里の出迎えで混乱
  56. 53.兄は勇者にされてしまった
  57. 54.変態騎士に押さえ込まれる勇者殿
  58. 55.捕虜生活は三食昼寝おやつ付き
  59. 56.聖女は魔族に餌付けされる
  60. 57.誤解の鎖が緩む音
  61. 58.賢者、勇者、騎士の争い
  62. 59.繰り返す悪循環の苦しみ
  63. 60.聖女とは所有物らしい
  64. 61.烏合の衆は萎みやすい
  65. 62.聖女は魔王城を破壊する
  66. 63.聖女の価値と利用方法
  67. 64.リクニスの血族の娘
  68. 65.迷子は避難経路を逆走する
  69. 66.奇妙な人間へのもてなし
  70. 67.魔王城で婚約しました
  71. 68.聖女は一つ屋根の下で悩む
  72. 第3章 魔王城を目指す覚悟
  73. 69.友情たっぷりの誤解
  74. 70.勇者と賢者の旅立ち
  75. 71.生きる意味を問う哲学
  76. 72.リクニスの巫女の使者
  77. 73.天性の方向音痴と幸運
  78. 74.会ってみてもよいだろう
  79. 75.使者と宰相の化かされ合い
  80. 76.男同士の友情ならぬ同情
  81. 77.お騒がせ聖女の駆け落ち疑惑
  82. 78.かき乱す、魔族の恋愛事情
  83. 79.恋愛破壊神にジョブチェンジ
  84. 80.聖女捜索隊の足元は見落とされた
  85. 81.進軍する勇者一行の温度差
  86. 82.馴染めない王子の苦悩
  87. 83.王族の重圧からの解放
  88. 84.目的地まであとすこし
  89. 85.人間の女を見なかったか
  90. 86.勇者と賢者の仲違い
  91. 87.防衛魔法陣を踏んじゃったわ
  92. 88.敵にせず味方にすれば切り札?
  93. 89.絡まった糸が解けない
  94. 90.貧乏男爵家と言わないで
  95. 91.宰相と使者は通じ合う
  96. 92.うちの敷地が全部入るわ
  97. 第4章 リクニスの盟約
  98. 93.人間が目を背けた不都合な事実
  99. 94.角度を変えても同じなら嘘
  100. 95.古の盟約と魔王による選別
  101. 96.瓦解する足元の固定観念
  102. 97.壊したのはそのくらいよ
  103. 98.思惑は一致したみたい
  104. 99.認め合うことが出来れば争わないのに
  105. 100.繰り返された弊害による膿
  106. 101.初代聖女の手記に綴られた願い