転生大聖女の異世界のんびり紀行

作者 四葉夕卜

6,025

2,121人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

優しくてゆったりとしたお話で、読み終えると心がポカポカになる作品です。
登場人物がみんな素敵でいい人たちで、読んでいると思わずにやけちゃいます。
休日のお昼にのんびりと読み返してヒルネたちを見守りたくなります。いや、今週の休日は絶対にそうします(宣言)。

★★★ Excellent!!!

次々と悪役を登場させて憎しみと優越感を味わわせるそこらの小説とは全くテイストが違います。早く次が読みたいという気持ちより,長くこの小説を読んでいたいという思いが強いです。

正しい神の一つの宗教のもとに、すべての人が他の人を思いやり、助け合い、仲間としてできることをして支え合っていく。それができたら、たとえ問題があったとしてもどんなに素晴らしい世界ができるのかを垣間見させてくれます。

★★★ Excellent!!!

テンポはややスローで、聖女と異世界の結び付き方が特筆される。女神からのチートは本物か借り物か? 聖魔法とは僕達に何を示すだろう。本物の力が欲しいか? 努力と魅力。
僕は元引きこもりで、主人公のようなのんびりではありませんでした。
予想もつかない展開。筆者の実力が問われる。

★★★ Excellent!!!

初めて異世界転生ものでこんなにほっこりとした作品に出会いました。
 今まで読んだことのないタイプで気づいたら全話一気に読んでました!!のんびり、ほっこりとしたこの作品の著者様、いつまでもこの作品の更新を待つことができますので、無理のない範囲、ご自身のペースで投稿してください!楽しみにお待ちしております。

★★★ Excellent!!!

一話が投稿されてすぐに読んでいたのですが
まだ、新しい作品だったのですぐのレビューは控えていました
そろそろ書こうかと思い投稿。

残虐な表現は今の所(2020年6月22日)ありません
現時点、までの簡単に私が感じたままの物語を説明

女神の様な容姿で民に愛されながらも
睡眠欲に忠実な聖女見習いとして働き聖女に昇格する
睡眠欲で他人を巻き込む事もしばしば・・・しょっちゅう?
睡眠欲に忠実な為、残念な聖女でもありながら
民に愛される聖女として寝具と睡眠と・・・あと、大聖女になる為に
日々精進(?)していく物語
大聖女になると決めたのは・・・
まあ、お察しの通りですw
好きな物:寝具

★★★ Excellent!!!

のんびりした女の子が、これまたのんびりと大聖女を目指す物語。
都会での話なのですが、非常に牧歌的な空気が流れており読む度に癒される。

大人でも楽しめる児童文学であると、私は思う。
(ポプラ社から発刊されたとしても、違和感を感じる事はないでしょう)

出来るなら、このまま穏やかな世界で、登場人物の誰もが幸せである様にと、願うばかりである。