深紅の飛竜守り

作者 浦科 希穂

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーながら、独特な世界観と優しい雰囲気がとても良いですよね!

リタはとある家で使用人としてこき使われ、辛い毎日を送っていた。
そんな彼女の元に現れたのは、ダイモーンと呼ばれる悪魔の者。
その相手は、リタを迎えに来たと言い、突然、飛竜守りであるダイモーン達が暮らす地へ連れて行かれる。

そこで彼女は、母もまたダイモーンとして、飛竜守りだったこと。
そして、ダイモーンや飛竜は決して恐ろしい存在でないことを知る。

母と同じ飛竜守りとして、リタはどう成長するのか。
そして、ダイモーンや飛竜達の命運や、如何に。

……と、個人的にどこか叙情的な雰囲気もある変わったファンタジー世界感なのですが。

見どころのひとつは、やはりリタというキャラの性格と成長でしょう。
蔑まされる生活にあった彼女が、慣れないダイモーン達との暮らしの中ででの不安や自信のなさ。母への憧れ。思うようにならない苦悩。
そういったものと葛藤しつつも、彼女らしい優しさ。思いやり。洞察力。そういう点でひとつずつ。少しずつ成長していく姿は健気であり、どこか温かさを感じます。

そして、もうひとつはやはり、世界の独特感でしょうか。
人間が飛竜守りをデイモーンと呼び、蔑む理由。
その過去にある物語。

こういった部分での世界の奥深さというのもまた、非常に楽しめる理由にもなっています。

まだまだリタの成長もあり。ダイモーンと飛竜達がどうなっていくのかも気になる本作。
冒険に囚われない、世界と温かみを感じる物語を読みたいあなたに是非おすすめです!

★★★ Excellent!!!

文体や台詞から、「やさしさ」が滲んでいて、こういう作風はとても好みです。

一話一話が短く、まだ話数も5話だけですが(このレビューを書いている現在)
話が進むにつれ、きっとリタにもっとつらいことが起きるんだろうな、つらい過去を知ったりするんだろうな、と容易に予想できます。
ですがその予想は、この物語の読み味である「やさしさ」に溢れた結末へとつながっている気がします。

あまり他の作品で形容するのは礼儀ではないですが、
どことなくジブリ作品を鑑賞している気分でした。

とはいえまだまだ話数も少ないため、今は多くを語ることも出来ませんが、
続きをとても楽しみにしています。