野菜食いてえ。

作者 若林芽依里

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

失ってはじめて気づかされるありがたみ。
社会に出るというのは、そういった気づきを意味するのかもしれない。

いかに島国と言えども、郷里を離れればもはや異世界かのように繰り広げられる「常識」

野菜という身近なテーマだからこそ、多くの読者にとっても、作品に入り込める魅力がある。

★★★ Excellent!!!

かつての野菜だらけの生活に飽きていた主人公が都会に出て、野菜への考えが変わる話です。食生活が変わって、かつて嫌だったものが無性に恋しくなると言うところが私たちの日々の生活にもあるのではないでしょうか。
もっと彼の話が見たいです。