童貞ミーティング! ~おくて男子高校生2人が治外法権の部室で炸裂させる静かで熱い妄想。あるか、一発逆転彼女ゲット!これが青春ってやつですか?

作者 安東 亮

99

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あー、分かるわー。
それがこの作品を読んだ第一印象でした。
派手なラブが有るわけでは無く、ごく共感できる平凡な男子高生のどこにでもあるような話が淡々と描かれていますが、キャラクター造形がしっかりしているためか、読んでいて飽きるということがありません。
恋愛、ラブコメというよりは、青春ドラマといったほうがしっくり来る作品です。
あとタイトル詐欺が作者さんのセンスを感じさせます。

★★★ Excellent!!!

89話まで読了。

タイトルとかテーマからして、これは一発ネタのイロモノ作品なのでは? と穿って見てしまう人もいるかもしれませんが、
かなり印象は違ってました。

キャラ物としてレベルが高いですよ、これは。
単なる陰キャあるあるとか、陰キャが陽キャを目の敵にして同類相憐れむみたいな作品ではないです。
各キャラクターの造形がシッカリしていて、ストレスなく読み進められます。
ちょっと驚きました。
最近読んだキャラクター文芸としては一番いいかもしれない。

僕が読んだのは、まだ途中までですが、
完結した暁には、また拝読したい作品ですね。