私の始まり

作者 @aquaharuka

30

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

もしも道を歩いていて、突如腹を刺されたら、あなたは相手になんと言いますか?

「息子がいる、母親はもういないんだ。頼む、助けてくれ」
「こんなことしてただで済むと思ってるの」

殺人鬼の少女はこれらの言葉を詰まらないの一言で片付けます。もっと濃い、人生を一滴に凝縮した言葉を求め、殺人を重ねること都合7回目、彼女はどこへ行き着き、そこがどこかを知ることが出来るのでしょうか?

——答えはこの話の中に。

★★★ Excellent!!!

他人の死ぬときの最後のセリフが聞きたい。主人公はそれを聞くために殺し続けます。
だが納得のいく言葉が出てこない。何人殺しても満足が行かない。
そして一人の男性の最後の言葉に主人公は高揚します。『ありがとう』という男のセリフに。
最後の描写にもあるように彼は死への渇望があったのでしょう。
誰にでも死にたくなる時はあると思います。死ぬことでしか味わえない感情が誰にでも存在するのです。
『死ぬこと』の意味、価値、そして感情。その全てが小説の中で表現されています。
一度でも死にたいと思った方におすすめの作品です。思わず主人公に共感してしまうでしょう。