自主企画『キャッチコピーで思わずクスリときた作品だけ読みます』の所感②

 自主企画『キャッチコピーで思わずクスリときた作品だけ読みます』が本日を以てお開きなので──実際に目を通した作品のうちいくつかを振り返って、本企画を締めくくらせていただきたく存じます。なお、紹介する順番にこれといって特別な意図はございません。


『タイムスリップしたら一度はやってみたい事 黒銘菓短編集62弾』 作者 黒銘菓(クロメイカ/くろめいか)

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054892042464

 実質キャッチコピー凸企画にまさかの誤字ったキャッチコピーで凸を仕掛けてきた猛者(現在は修正されている模様。しかし私はそれがタイムス"イ"ップだったことを憶えているぞ)。とはいえ、実のところ最も目をみはるべきはキャッチコピーのそれではなく、氏が本企画に投じた作品数である。「一人で百作品くらいブチ込んで来たらそれはそれで笑うやもしれませんが」などとテキトーなことを云うものではないな──と思い知らされた次第。


『トラックネード(トラ台風)』 作者 早起き三文

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891049289

 知る人ぞ知るサメ映画『シャークネード』をベースにした、発想自体すごいとは思うがそれを作品として書き起こそうと思ったその心意気もすごいわ──と色んな意味で本企画主催者に驚きと感動を与えてくれた作品。多分そのうち「ダブルヘッド・トラック」とか「トリプルヘッド・トラック」とか出てくるのではあるまいか(多頭トラックシリーズとは)。


『ぺんぺんとらっかせい』 作者 リエミ

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054887222415

 本企画のトリックスター的ポジション。「クスリ」というワードを「微笑ましい」という角度から解釈したのは、恐らくだがこのリエミさんくらいではないだろうか。まさにトリックプレイである。タグの「ほのぼの」が些か腑に落ちぬところではあるが、思い返してみると成程確かにほのぼのであったなぁという気もする?(行き場のない疑問符)


『異世界グルメハンターズ 野良飯編』 作者 あきかん

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054897974502

 本企画の参加作品の中で恐らくは唯一の企画特化型。肝心のキャッチコピーだが、はっきり云ってぱっと見では内容が頭に入りづらい。が、それこそがミソであり、一旦立ち止まって目を通さざるを得ないのである。目を通して、その文面が表す状況をついついイメージしてしまうのである。企画特化型だけあって、キャッチコピー単体のクオリティもさることながら、「紹介文」及び「第1話」を駆使してオチを作っているあたりも非常に巧妙である。


『Earth climber』作者 真花

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054896027807

 本企画の中で唯一レビューを書かせてもらった作品。クスリとくると同時に得も言われぬ力強さを感じるキャッチコピーだった。書きたいことはレビューに書いたので(何やら某ドキュメンタリー風に仕上がってしまったが)、ここで多くは語るまいて。

 

 結論:人をキャッチコピーオンリーで笑わせるのは至難の業である。

 ご参加いただきまことにありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます